海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.147 Dolce pizza 心が躍るド...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月30日

No.147 Dolce pizza 心が躍るドルチェピッツァをご存知ですか?


No.147 Dolce pizza 心が躍るドルチェピッツァをご存知ですか?

皆さん、おはようございます。
あぁ、Pizzaが食べたい、と思うことが多くなってきたイタリア暮らし6年目です。
日本にいたときは割と特別な食べ物でしたが、こちらでのPizzaは日本でのおにぎり感覚かしら?

外食としてPizzaをいただく際には大きく2種類あって、大きなピッツァ(多くの場合が長方形のオーブンの天板1枚分)を切り分けたものを購入して食べるタイプと、円形のピッツァをひとりで1枚オーダーしていただくタイプです。
前者はほとんどのスタイルがファーストフードタイプで、切り分けたピッツァをグラムいくらで販売します。
お店の作りもシンプルですが、日本のように軽食を取ることができるお店の種類が少ないなか、とても重宝する存在です。
そして、後者の方はPizzeria だったり、Ristorante だったり。ピッツァの値段は大体€5から€10程度ですので、日本でなら丼物を食べる感覚でしょうか?
大きなサイズのピッツァを1枚食べきることなんて絶対に無理、なーんて思っていましたが、いまなら簡単にペロリと平らげられます。消化にいい小麦粉や酵母を使っている証拠かと。

ピッツァは食事として認識していますが、こちらではなんとドルチェとしても提供されるんですよ。
こちらが私たち夫婦が大好きなドルチェピッツァです。
わかります?
ここのピザ屋さんは、大きな丸形のピッツァを提供するタイプのお店なのですが、その大きさが普通のピッツァの2倍はあります。
彼らのお店で提供するドルチェピッツァは2種類。
ヘーゼルナッツチョコクリームか、森の木の実のジャム。
こちらの写真は、この2種類を半分ずつでお願いしたものになります。

20201003_215411.jpg

えぇぇぇぇ、甘そう!と感じられると思いますが、はい、確かに甘いです。
でもなぜかとてもおいしいんですよね。
ピッツァの生地にこの甘さがよく合う。
ただ、ふたりでこれは食べきれる大きさではありませんけどね......。

というのも、このドルチェピッツァの前にはこちらの食事用のピッツァもしっかりいただいてますから。
20201003_205843.jpg

日本でも本格的なイタリアンピッツァを提供するお店がたくさんありますけど、やっぱりピッツァはこっちで食べるほうがいいかな〜って思います。
ちょっと雑な味のバランスがイタリアを感じますし、あとはやっぱり手の出しやすい値段ですよね。

ぜひ、日本でもドルチェピッツァ、トライしてみてください。
これでもかっというほど、山盛りのジャムやクリームを使うのがイタリア方式ですのでお忘れなく!

では、今日も1日Buona giornata.



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手がけている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年11月30日
« 前の記事「No.146 マルケ州でのコロナウイルスの状況です」へ
»次の記事「No.148 土曜の朝はアンコーナの朝市へ」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.95 マルケから遠足、Assisi:アッシジへ行ってきました
No.94 イタリアでの小さな出来事~Solo una piccola cosa 01
No.93 国立マルケ考古学博物館:Museo Archeologico Nazionale delle Marcheへ
No.92 アンコーナで気軽にシーフードを食べるなら、港にあるAnguìがおすすめ

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集