海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.155 イタリアのケーキって......IL...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年1月30日

No.155 イタリアのケーキって......IL MIO COMPLEANNO!


No.155 イタリアのケーキって......IL MIO COMPLEANNO!

皆さん、おはようございます。

先週は私の誕生日で、本当ならば外食したかったところオレンジゾーンでお店はクローズ。
ということで、自宅で夫の家族を招いての慎ましやかに誕生日会を開催しました。
そう、こちらでは誕生日は当事者が仕切って払うのが普通。
「払う」に関しては人それぞれですが、すべてを支払ってくれる人もいれば、ケーキだけを自腹で用意する人もいたりと、なかなかそれぞれのお金への対応の仕方が見てとれて興味深いものです。

さて、誕生日となるとケーキの存在が大切です。
イタリアのケーキというと、皆さんが思い浮かぶところで、ティラミスでしょうか?
日本でいうようなショートケーキは基本的には存在せず、スポンジを使っているケーキとなると、ズッパイングレーゼと呼ばれるスポンジをリキュールに漬けて作るケーキが有名で、好んで食べられるホールタイプのケーキで言うと、セミフレッドというタイプでジェラートタイプのケーキがあります。

かくいう私は、上に書いたケーキはすべて好まず。
やはりケーキはショートケーキが好き。
でもここではおいしいショートケーキに出合える可能性はほぼゼロに近いので、ミッレフォリエ(ミルフィーユ)の生地とクレマシャンテリー(私のイメージでは、カスタードクリームに生クリームを混ぜたもの)を使ったケーキを用意して欲しいとオーダーしました。

で、こちらがそのオーダー品。

20210124_150815.jpg

やっぱり何かが違う。
おいしさはどうかというと、とにかくクリームばかりで、ひと口食べると胃にもったりとした重みを与えてくれます。
ドルチェに対するセンスは日本とイタリアではまったく違うことをあらためて思い知らされました。

ちなみに昼ごはんは、私は用意せずにレストランからの取り寄せ。
どどんと魚介料理。
ルマコーニ(大きな海のカタツムリ)の煮つけや、アサリの酒蒸しみたいなもの、それと一番おいしかったのが魚介類のラザニア......これはほっぺたがオチました。

20210124_132026.jpg 20210124_135201.jpg

メイン料理はストカフィッソアンコネターノだったのですが、こちらはじゃがいもが生焼け状態で、写真にするのも気が憚れたので写真はなしです。

プレゼントもたくさんいただきましたが、花についてもやっぱり日本のほうがいいかな~。
こちらでは、なんでもかんでも胡蝶蘭を贈りがちなんですよね。
胡蝶蘭を贈っておけば安心だ、という風潮が感じられます。
でもわたしは胡蝶蘭の花の形がちょっと怖くて苦手......。
いまでいろいろな人から最低でも5鉢はいただいていますが、その影も形もない状態です。
この胡蝶蘭はしっかりと育てられますように。

20210124_150912.jpg

自分の誕生日の内容に駄目出しするなんて、ちょっと寂しい私ですが、「イタリアなら何でもおいしそう!」と思っていらっしゃる方に私の感じていることを素直にお伝えさせていただきました。
天の邪鬼でごめんなさいませ!

では、今日もよい1日を!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2021年1月30日
« 前の記事「No.154 州実施のコロナウイルスRCP検査へ行ってきました」へ
»次の記事「No.156 アンコーナ県だけがレッドゾーン?」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.104 心底気に入ってしまったPizzeria ~ Sotto La Roccaをご紹介
No.103 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ③
No.102 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ②
No.101 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ①
No.100 Tanti Auguri 2020

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集