海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.170 オリーブオイル搾油所 L'...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年5月24日

No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ


No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ

皆さん、こんにちは。

先週の水曜日から夜の23時が外出時間期限となりました!
少しずつですが日常が戻ってきています。
この夏にでも日本からのツーリストさんをお迎えできるのかな?と想像しています。

さて、先日、アンコーナ県モンサーノにあるオリーブオイル搾油所、イタリア語ではFrantoio(フラントイオ)といいます、のL'Olindaさんに伺ってきました。

20210424_145941.jpg

マルケ州の土着品種のみを使ったオリーブオイルなど20種類弱を生産する、新進気鋭なL'Olindaさん。経営は古くはないですが現在も畑面積を増やし、どんどんと搾油料をUPさせていっています。
オリーブは暑さや乾燥などに対して耐性の高い樹木で、イタリアの多くで栽培されています。
ワイン畑には必ずといってもいいほどオリーブが植わっていますが、これは耐性の高いオリーブを果樹園の外側に防御壁の役割も兼ねて植えているからだとか。
どおりでワイナリーが多くて、自家製のオリーブオイルを販売しているわけですね。

古くから続く搾油所の多くは、このように少量でオリーブを栽培している農家さんたちのために、自分たちの機械を貸して搾油してあげる場合もあるのですが、こちらのL'Olindaさんの搾油所は完全に彼らのオリーブオイルを生産するためのもの。
オリーブは酸化に非常に弱く、収穫から時間が経つにつれて品質がどんどんと落ちていくので、どれだけ早く搾油作業が進められるかがおいしい商品を作る決め手なのですが、L'Olindaさんの工場はすべてが彼らのためだけに操業しているので、オリーブの収穫から約3時間内には搾油し始めることが可能だそうです。
そのためオリーブオイルのおいしさを決める酸度も0.2g/kgと、基準よりもとても低く保つことができます。
※エキストラヴァージンオリーブオイルの酸度は0.8g/kg 以下であることが定められています

20210424_152543.jpg

こちらタンク内でオリーブの実を砕きながら遠心分離し油分を抽出していきます。
コールドプレスという方法で、オリーブオイルの品質を下げない方法を選択しているそうですが、こうすることで、搾油量は非常に減るものの、よりおいしいオイルになります。

仕事の関係で今回は寄らせてもらいましたが、こうやって家から近い場所にこんなに豊かな自然が存在して、そこでとれる作物をすぐに口にできるなんて、本当にとーっても幸せなことですよね。
こういった工場の商品はスーパーなどでは取り扱われていないことも多いので、こうやって生産者さんのもとで購入するのが確実で少しお安かったりします。

こちらは彼らの搾油所を取り囲むオリーブオ畑。
マルケ州特有のなだからな丘陵地が続いているのが見ていただけます。

20210424_150552.jpg

L'OlindaのFrancescoはオリーブオイルを、もっと皆さんに親しんでほしいと考えており、昨年には施設内に宿泊施設も作り上げたほどです。ぜひ、オリーブオイル体験をされたい方は、ご連絡ください!

こちらにお連れいたしますよ。

では、またお会いしましょう!
Buona giornata!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年5月24日
« 前の記事「No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん」へ
»次の記事「No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.121 シッビリーニ山脈麓にあるOsteria del lago へ
新型コロナウイルス:ローマ在日本大使館からの情報(2020年05月18日)
No.120 ムール貝(Cozze)は手頃で調理も簡単な上にアドリア海産
No.119 メイデーの5月1日はイタリアでは祝日です

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集