海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンドリア特派員ブログ > プーリアは食の宝庫!美味しいプーリア料理を楽しめる...

イタリア/アンドリア特派員ブログ 友里絵

イタリア・アンドリア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月27日

プーリアは食の宝庫!美味しいプーリア料理を楽しめるレストランをご紹介!


プーリアは食の宝庫!美味しいプーリア料理を楽しめるレストランをご紹介!

12045712_10207775946863228_2882453504884130705_o.jpg
イタリア随一美味しいと言われるプーリア州。それは綺麗な海からの恵みと、内陸に広がる農地、オリーブオイルをふんだんに使った地中海料理、ここで育つ小麦や穀類、そして何よりも伝統を引き継ぐシェフやマンマのおかげです。イタリアでも唯一、日本のように生魚や生シーフードを食べる習慣もあるんですよ。

そんなプーリアの特産品もお伝えしたいのですが、今回はプーリアに存在する不思議なレストランと美味しいレストランをいくつかご紹介します!


1、アル・トラブッコ・ダ・ミミ(Al Trabucco Da Mimí)
article 2 (photo1).jpg
プーリアの北、ガルガーノ半島にはトラブッコと呼ばれる昔漁業に使われていた18世紀頃の木製の建物が点在します。これはアブルッツォ州からプーリア州のガルガーノ半島まででしか見ることができません。遠くから見ると崩れてしまいそうなほどで少し怖いですが、とってもお美味しい魚料理を食べることができます。特に一番上の写真にもあるプーリア名物タコサラダが絶品です!

レストラン名:アル・トラブッコ・ダ・ミミ(Al Trabucco Da Mimí)
住所:Localitá Punta San Nicola, Peschici(FG)
電話番号:+39 0884 962556
HP: http://altrabucco.it/ (HPより予約可能、予約必須)
営業日:月曜から日曜日まで。ランチは12:15-14:00 ディナーは19:00-21:00
11月から3月までの冬季はお休みです。2018年は3月23日よりオープン!
メニューは魚シーフードと野菜がメイン。全てコース料理を食べて一人40ユーロ+お飲物。パスタだけ、またはメインのみであれば一人11ユーロから15ユーロほど。


2、グロッタ・パラッツェーゼ (Grotta Palazzese)
second article (photo2).JPG
ポリニャーノ・ア・マーレの洞窟内に位置する超高級レストラン。伝統的なプーリア料理ではないのですが 、それでもその絶景を見に行く価値はあります。特にディナーの時間帯は早めに予約しないと満席になってしまうほど。夏の時期しか洞窟内では食事ができません。冬の間は室内での食事となります。とてもロマンチックなので、大切なアニバーサリーのデートに最適です!

レストラン名:グロッタ・パラッツェーゼ (Grotta Palazzese)
住所:Via Narciso 59, Polignano a Mare (BA)
電話番号:+39 080 4240677
HP: http://www.grottapalazzese.it (HPより予約可能)
営業日:ランチ、ディナー共にオープン。定休日はHPのカレンダーをご確認ください。
洞窟内でのお食事は夏から11月半ばまでですが、波が高い日や風が強い日は室内に移動となるそうです。キャンセルポリシー、ドレスコードあり。
メニュー:(お一人様)4コース120ユーロ、6コース140ユーロ、シーフードフルコース160ユーロ。パスタのみやドルチェのみなどのアラカルテでも問題ありません。


3、アンティキ・サポーリ(Antichi Sapori)
second atricle (photo 3).jpg
モンテグロッソと呼ばれるとっても小さな村にあるプーリア一美味しいと言われるレストラン。私の友人でもあるシェフのピエトロは地元の食材と自分の野菜畑で採れるものだけを調理してくれます。ミシュランの星付きはいらないと毎年受け付けない面白いシェフ。東京にも2号店があります。車での移動がマスト。週末は閉まっており、夏場も閉めることが多いので、必ずまず電話かメールして空き情報を確かめるのがベスト。写真は東京店のタコサラダとちょっとアレンジされたブルスケッタ。イタリアでは写真を撮る前に食べ始めないと全てなくなってしまうので、毎回写真が撮れません。。

レストラン名:アンティキ・サポーリ (Antichi Sapori)
住所 : Piazza Sant'Isidoro 10, Montegrosso (frazione), Andria (BT)
電話番号:+39 0883 569529
メールアドレス:info@antichisapori.biz
HP: http://www.pietrozito.it (電話、またはメールから予約可能)
営業日: 月曜のランチ時間から土曜のランチまで。土曜日のディナーと日曜日は定休日
メニュー:コース料理はありませんがどれだけ食べてもなかなか一人40ユーロを越えることはほぼありません。大抵30ユーロから35ユーロほどでフルコース食べることができます。


Antichi Sapori 広尾店
住所:東京都港区南麻布5−2−40 日興パレス1
電話番号:050-5571-2068 (*予約専用)
営業日:年中無休(年末年始はお休みの可能性がございます)
メニュー:本店と全く同じです。ランチは3000円ほどから、ディナーは6000円ほどからになります。プーリア産のまだ出回っていないワインなどもご用意していますよ。


4、アル・グロッティーノ(Al Grottino)
second article (photo4).jpg
アンドリア市の周辺ではパンツェロット(他の地域ではカルツォーネ)と呼ばれる半月型のストリートフードが人気です。ミネルヴィーノ・ムルジャ町にあるパンツェロットはそのサイズで有名です。このアル・グロッティーノは去年までおばあさんが仕切っており、「おばあちゃんのパンツェロット」として誰よりも親しまれていました。彼女が無くなった今もその味は健在です。なぜかキッチンを通ってレストランに入らなければならない面白いお店。パンツェロットとビールで5ユーロ以下の美味しくて安いソウルフードです。

レストラン名:アル・グロッティーノ(Al Grottino)
住所 : Via Sant'Arcangelo, 22, Minervino Miurge(BT)
電話番号:+39 0883 694027 (予約しなくても入れます)
営業日:月曜休み・ディナーのみ営業
メニュー:パンツェロットは1つ3−4ユーロ。とても安いですが、プーリア感満載のお店です。


5、ぺスカリア (Pescaria)
second article (photo5).jpg
プーリアの州都バーリ市はグリルしたタコを挟んだパニーニが伝統的なストリートフードの一つで、特にバーリ市を守る聖ニコーラのお祝いの日になると、多くの人がタコのパニーニを楽しみます。ぺスケリアはポリニャーノ・ア・マーレに数年前にできたお店で、その人気は止まることなく、現在ではバーリ市、そしてミラノにも支店ができたほど。プーリアのランチは13時半頃からピークになるので、是非11時ごろの開店時に行って席を確保することをお勧めします!

レストラン名:ぺスカリア (Pescaria)
住所 : Polignano a mare店:Piazza Aldo Moro 6/8, Polignano a mare(BA)
電話番号:+39 080 424 7600 (予約しなくても入れます)
HP: http://www.pescaria.it/landing/landing.html
営業日:不定休、12:00から24:00まで営業
メニュー:一人10ユーロほどから

ミラノ店:
住所 : Via Nino Bonnet 5, 20154 Milano
電話番号: +39 02 659 9322
営業日:日曜日定休日。月--土12:00--24:00まで営業


プーリアには美味しいものがたくさんあります。残念ながら車での移動が必要なお店が多いですが、それでも行く価値ありのお店をリストアップしてみました。プーリアを訪れる際は是非ご検討くださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年1月27日
« 前の記事「アドリア海の宝石、プーリア州にようこそ!」へ
»次の記事「北イタリアでは体験できない南イタリアならではの伝統的な行事に参加しよう!」 へ
おすすめ記事
    アンドリア特派員 新着記事
    南のフィレンツェ、レッチェを散策!
    ヨーロッパ最古のカーニバルに行って来ました!
    北イタリアでは体験できない南イタリアならではの伝統的な行事に参加しよう!
    プーリアは食の宝庫!美味しいプーリア料理を楽しめるレストランをご紹介!
    アドリア海の宝石、プーリア州にようこそ!

    イタリア ツアー最安値


    2018/11/19更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アンドリア特派員

      アンドリア特派員
      友里絵
      大学で言語学を専攻後、オーストラリアに移住。長いオーストラリア生活の後、突然旅行に出たくなり日英の翻訳をしながら世界中を旅するように。2015年8月より南イタリアのプーリア州で生活中。パートナーの農家でオリーブオイルの輸出をするかたわら、2018年からは、まだまだ知られていないプーリアの魅力の発信をモットーに、オーダーメイドのプーリア旅行を創るトラベルデザイナーとして活動開始中。 旅行に関するお問い合わせはこちらから。
      Instagram:@lifeinpugliatravel
      Twitter:@italia_jyoshi DISQUS ID @disqus_Rf9JRrlH6J

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集