海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ

マダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ 福長 輝倖

マダガスカル・アンズズルベ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

「やばい、長袖がない!!!」皆さんはマダガスカルに着いたらこんな気持ちになるかも?!実は、マダガスカルは、高地が多く寒いです。そのためマダガスカル人は、日中暑くても長袖を着ていたりします。
では、どこで服を買えばいいの?? そんな疑問に答えるべく「ツェナ」を今回は紹介します!

1.「ツェナ(TSENA)」ってなに?
 「ツェナ(TSENA)」はマダガスカル語で「市場」を意味しています。小さな町でも、週一回「ツェナ」が開かれます。いえば、日本の定期市ですね。
968ef73f7106a1e08bbdcf34d78dbd8c19a837ad-thumb-730xauto-342480.jpg

2.「ツェナ」で何が買えるのか?
 「ツェナ」では、日本の市場のように、まず食材が買えます!しかも、普段より安く売っているので、旅先のホテルで使ってみるといいかもしれません!

6-2.JPG

続いて、服を買うことが出来ます!服は、だいたい1枚60円(1500アリアリ)で売っています、安すぎる。
6-3.JPG

他にも、USBやマダガスカル対応のコンセントやお皿やなんでも買うことが出来ます!
「行くとこないや」、そんなときには「ツェナ」へ行こう!

3.「ツェナ」でどうやって買えばいいの?

 なんといっても、マダガスカルは基本的にマダガスカル語、使える外国語はフランス語だけです。買い物するにも一苦労。そこで、次の言葉を使えば買い物ができます!

キャプチャ.PNG

 ただし、数字は基本的にマダガスカル語、時々フランス語で言われるので分かりません。しかも、値段はほとんど言い値。なので、「紙に書いてもらいましょう!」

最後に、ツェナの日は、とにかく人が多い!この時は、バッグを切り裂いて中身を盗む泥棒などが出没するので、「バッグは前に持ち、お金はポケットに小銭だけ」を守ってください!

P3080644-thumb-730xauto-342486.jpg


2018年3月12日

マダガスカルは、もう少しすれば旅行に行きやすい「乾季」に入ります!旅行に行けば「食べる」ことが大きな楽しみな一つではないですか?ただ、「がっつり食べたくないけど小腹がすいた」なんてことがよくあります。そんなときにおすすめのマダガスカルのおやつをご紹介します。紹介するものは、だいたい価格が4~12円(100∼300アリアリ)で食べることができます!

① サンボッサ
5-1.JPG
 サンボッサは、言うならば3角形の餃子!少し厚めの皮で野菜や肉を包んで揚げています。中身は店によって違うので、いろんな町と店で食べるのがおすすめ!

② ムフブール
5-2.JPG
 ムフブールは、沖縄のサーターアンダギーです!少し甘味があり、外側はサクサクで中はフワフワ。

③ ネン
5-3.JPG
 ネンは春巻きです!春巻きほど中に野菜が入っていませんが、大きさが小さいため、いくらでも食べることが出来ます!

④ ムフアナナ
 5-4.JPG
ムフはパン、アナナは野菜という意味のお菓子です!小麦を薄く練って野菜が入ったかき揚げ!揚げたてを塩で食べれば最高。

 マダガスカルには、マクドナルドのようなファーストフードはまだまだありません。小腹がすいたら、こんなのを食べてみては??


2018年3月 8日

田舎のアンズズルベから、首都のアンタナナリボへ上がってきている福長です。首都のアンタナナリボは「買い物」と「おいしいレストラン」がメインの街です。特に、マダガスカルはフランスの旧植民地だった影響もあり、フランス料理が豊富です!
今回はアンタナナリボの「おいしいレストラン」をご紹介します!
1. ホテル グラシエー(Hôtel Glacier Cuisine Chinoise)
住所:46 Av De l’Independence, Antananarivo 101, Madagascar
 このレストランの良さは、①中心街のアナラケリ―の独立大通りにあるので移動に便利です!
4-1.JPG
② レストランが二階にあるので、眺めがきれい!
4-2.JPG
③フランス料理やピザ、マダガスカル料理も豊富です!
4-3.JPG
 価格は、安い料理だと400円(10000 アリアリ)からピザなどは1000円(25000アリアリ)くらいです。

2. ル・プチ・ベルド(Le petit verdot)
住所:Lalana S. Rahamefy, Antananarivo 101 
 ル・プチ・ベルドは、レストランや雑貨屋などおしゃれなお店の多いイソラカ地区から近いフランス料理屋さんです。このお店は、下の写真のエスカルゴや、ラ・パン(ウサギの肉)や鴨肉などおいしいフランス料理を楽しめます!また、大人数で使用することが出来る大きな部屋もあるため、団体で利用するにも便利です!価格は一品当たり、800円(20000アリアリ)前後です。
4-4.jpg

3.シチズン(CITIZEN)
住所:Lot IC 12 rue d’Angleterre Isoraka, Antananarivo 101
 シチズンは、イソラカ地区から歩ける範囲にあるフランス料理屋です。価格は、一品当たり、1000円(25000アリアリ)ほどしますが、ここもとてもおいしいです!
外から見ると、小さいバーのようですが、
4-5.JPG
中に入ると、レトロな雰囲気のある内装で、階段を昇ればレストランへ!
4-6.JPG
下の写真は鴨肉ですが、このお店は「ゼブ牛」がとてもおいしいです!
4-7.JPG
このお店は、料理がおいしいだけではないんです!一押しは、「レストランからの景色」です!目の前には、アンタナナリボのアヌシ湖を一望でき、昼でも夜でも最高の眺めです!

 いかがでしたでしょうか。首都のアンタナナリボには、美味しいレストランやバーがたくさんあります。このブログは田舎に帰って書いています。
 早く、美味しいレストランへまた行きたい。。。


2018年2月20日
2018年2月12日
2018年1月30日
2018年1月25日
⇒すべての記事を見る

マダガスカル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マダガスカルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンズズルベ特派員

    アンズズルベ特派員
    福長 輝倖
    2017年9月から来マダ。海外で働きたい思いだけで、1年勤めた教師を辞め、マダガスカルの教育委員会で働いています。好きなもの、油分と塩分。走って食べて現地の情報を集めることに奮闘中。アンズズルベという田舎町から、日本と似ているマダガスカルの魅力をお伝えできれば。
    個人ブログ:ともかく、うごこう!!
    Facebook:福長 輝倖
    メール:teruyuki517@gmail.com DISQUS ID @disqus_Md2hxwKKAt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集