海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ

マダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ 福長 輝倖

マダガスカル・アンズズルベ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 おなかがすいた、ボールペンを忘れた、など生活のふとした時に助けてくれる場所といえば「コンビニ」ですね。さすがに日本ほどではないですが、マダガスカルにも便利なコンビニがあります!今日はそこで売られている商品をご紹介します!

1. 日本と変わらないもの
① タバコ
タバコはばら売りもしていて、1本8円(200アリ)、1箱160円(4000アリアリ)。たばこ愛用者いわく、おいしくはない。夜は高いらしいのでお気をつけて。

14-1.JPG


② マカロニ、乾燥魚

マダガスカルでは、ピーナッツやマカロニなどは箱に入って量り売りしています。ピーナッツはおいしいので、ぜひ買ってみてください。乾燥小エビもありますが、味は、、、
14-3.JPG
 
③ ビール
 コンビニにもマダガスカル人気のビールを売っています。ただし、冷蔵庫なんてないのでぬるぬるビールを楽しめます。

14-4.JPG

④ お菓子
 マダガスカルでもみんなお菓子を結構たべます。特に、このカピジョンが酒のつまみとして大人気。

14-5.JPG

2.日本では売っていないもの
① パラキ
 パラキとは、マダガスカルの農村の趣向品で、口にいれて間で楽しむものです。苦く、食べ過ぎると頭が痛くなります。ばら売りで、1袋8円(200アリ)で売っています。

14-6.JPG

② せっけん
 マダガスカルの庶民の石鹸はこれ!においなし、スベスベ感なし。けど、大きいので使いやすい!

14-7.JPG

 マダガスカルでは、コンビニのほかにも服やお土産のセレクトショップが充実しています!


2018年7月14日

マダガスカルでは、田舎ではお酒を外で飲むことはあまり良い風には見られません。まして、女性は外で飲むことは「みっともない」とみられてしまいます。ですが、そうはいっても家で「お酒」を飲むのは大丈夫!首都も大丈夫!マダガスカルのお酒はとてもおいしいのでぜひ飲んでほしい!そこで今回はお酒をご紹介!

① ビール編

 マダガスカルのビールは、日本人の好きな「のどごし」もよく、キリっとした味わい。その代表の国民的ビールが「THB(テーアッシュベー:フランス語読み)」

12-1.JPG

 しかし、もっと軽いビールを飲みたい。例えば、シャンディガフ。そんなときには「THB・FRESH(テーアッシュベーフレッシュ)甘味がありかつアルコール度数はなんと1%!酔わずにどんどん行ける!

12-2.JPG

 少し甘味があるけど、苦みもある。少しだけ高級なビール「GOLD Blancheゴールドブロンシュ」

12-3.JPG

 ローカルなマダガスカルのビール、これが置いてある店は貴重。味は少し薄めな「QUEENSクイーンズ

12-4.JPG

 甘味は少なく、「のどごし」も軽い。大人気というよりコアなファンが多い「SKOLスコール」

12-5.JPG

 次はマダガスカルのビールでないですが、「のどごし」が良く、かつ黒ビールもある「AfricanaBeerアフリカンビアー」。黒ビール好きにはたまらない一品。

12-6.JPG

 高級なレストランに行けばマダガスカルでものむことが出来る「ハイネケンビール」

12-7.JPG

 

② ビール以外の飲み物編

 「大衆酒ラム」:マダガスカルの大衆酒といえば「ラム」。マダガスカル産のラムも種類がたくさんあり、レモン入り、甘みも強いものあり。この写真のラムは「ココナッツ風味のラム」。絶品です。

12-8.JPG

 「ワイン」:マダガスカルは気候的にワインを作ることが出来ます!それとワインといえば「南アフリカ産」。マダガスカル産と飲み比べてみては?

12-9.JPG

 最後に、マダガスカルには「トカ・ガシ」と呼ばれる地酒があります。これはレストランなどでは売っておらず地方の小さな店にしか売っていません。独特の味ですが、マダガスカルに来たならぜひ飲みましょう。

12-10.JPG


2018年7月 1日

6月26日といえば、、、、マダガスカルの独立記念日です! 1960年の6月26日にフランスからの独立が達成されました!そのため毎年6月26日はお祝いのお祭りが各地で開かれています!
今回と次回の2回に分けてマダガスカルの独立記念日をご紹介します!今回は祭り前日の様子をご紹介!

① お昼の準備 「仕事も休みで夜にお祭り
 独立記念日は6月26日ですが、前日の25日も祭りの準備のため学校も公務員もお休み!
 お祭りの時には高い「豚肉」が町にあふれます!
14-1-1.JPG

 また、独立記念日までに家に国旗を掲げておくのもマダガスカルの文化。なので、町には「国旗売り」が!
14-1-2.JPG

 購入した国旗は外から見えるように、独立記念日の2週間前くらいから飾り始めます!
14-2.JPG

 前夜祭 「子どもも、大人もピカピカ、パチンパチン、そしてドカンドカン。」
 25日の夜は、普段と違い夜でも町に人があふれ、みんなが「ピカピカ」しながらお祝い気分
14-4.JPG
 そして町では大量の「爆竹」と「花火」が「パチンパチン」。

14-10.JPG

 独立記念日はマダガスカルにとってすごく大切な日ですが、まずは楽しむことから!!


2018年7月 1日
2018年5月13日
2018年5月10日
2018年4月30日
2018年4月27日
⇒すべての記事を見る

マダガスカル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マダガスカルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンズズルベ特派員

    アンズズルベ特派員
    福長 輝倖
    2017年9月から来マダ。海外で働きたい思いだけで、1年勤めた教師を辞め、マダガスカルの教育委員会で働いています。好きなもの、油分と塩分。走って食べて現地の情報を集めることに奮闘中。アンズズルベという田舎町から、日本と似ているマダガスカルの魅力をお伝えできれば。
    個人ブログ:ともかく、うごこう!!
    Facebook:福長 輝倖
    メール:teruyuki517@gmail.com DISQUS ID @disqus_Md2hxwKKAt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集