海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > アンズズルベ特派員ブログ > 小腹がすいたら、これを食べよう。

マダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ 福長 輝倖

マダガスカル・アンズズルベ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 8日

小腹がすいたら、これを食べよう。


メール プリント もっと見る

小腹がすいたら、これを食べよう。

マダガスカルは、もう少しすれば旅行に行きやすい「乾季」に入ります!旅行に行けば「食べる」ことが大きな楽しみな一つではないですか?ただ、「がっつり食べたくないけど小腹がすいた」なんてことがよくあります。そんなときにおすすめのマダガスカルのおやつをご紹介します。紹介するものは、だいたい価格が4~12円(100∼300アリアリ)で食べることができます!

① サンボッサ
5-1.JPG
 サンボッサは、言うならば3角形の餃子!少し厚めの皮で野菜や肉を包んで揚げています。中身は店によって違うので、いろんな町と店で食べるのがおすすめ!

② ムフブール
5-2.JPG
 ムフブールは、沖縄のサーターアンダギーです!少し甘味があり、外側はサクサクで中はフワフワ。

③ ネン
5-3.JPG
 ネンは春巻きです!春巻きほど中に野菜が入っていませんが、大きさが小さいため、いくらでも食べることが出来ます!

④ ムフアナナ
 5-4.JPG
ムフはパン、アナナは野菜という意味のお菓子です!小麦を薄く練って野菜が入ったかき揚げ!揚げたてを塩で食べれば最高。

 マダガスカルには、マクドナルドのようなファーストフードはまだまだありません。小腹がすいたら、こんなのを食べてみては??

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年3月 8日
« 前の記事「首都アンタナナリボのおいしいレストラン」へ
»次の記事「何かを買いたければ、ツェナに行け!」 へ
おすすめ記事
    アンズズルベ特派員 新着記事
    アンチラベは文化も楽しいまち
    マダガスカルの中都市「アンチラベ(Antsirabé)」
    民族の違いを楽しもう
    ムルンダバ(第二回) 動物いっぱいキリンジ―国立公園
    ムルンダバのバオバブの木は、朝昼晩見に行こう 
    何かを買いたければ、ツェナに行け!
    小腹がすいたら、これを食べよう。
    首都アンタナナリボのおいしいレストラン

    マダガスカル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マダガスカルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アンズズルベ特派員

      アンズズルベ特派員
      福長 輝倖
      2017年9月から来マダ。海外で働きたい思いだけで、1年勤めた教師を辞め、マダガスカルの教育委員会で働いています。好きなもの、油分と塩分。走って食べて現地の情報を集めることに奮闘中。アンズズルベという田舎町から、日本と似ているマダガスカルの魅力をお伝えできれば。
      個人ブログ:ともかく、うごこう!!
      Facebook:福長 輝倖
      メール:teruyuki517@gmail.com DISQUS ID @disqus_Md2hxwKKAt

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集