海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アヌシー特派員ブログ > フレンチ・トーストはフランス料理?

フランス/アヌシー特派員ブログ 旧特派員 西岡 佐知子

フランス・アヌシー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月15日

フレンチ・トーストはフランス料理?


メール プリント もっと見る

フレンチ・トーストはフランス料理?

日本では軽食として親しまれているフレンチ・トースト。このフレンチ・トーストって「フランス料理なの?」と友人から質問されました。

パンを、卵を中心にしたものと絡めて焼いたり揚げたりする食べ方は世界各国にあるようです。フランスでは、卵とミルクの混ぜたものにフランスパンをつけてフライパンでこんがり焼き、これに砂糖、蜂蜜またはジャムなどを好みでつけて食べる、という方法が一般的なようです。こうやって食されるパンをパン・ペルデュPain Perdu(迷子のパン)と呼んでいます。

昨年のクリスマスに義理の家族が1週間滞在した後は、毎食ごとに食べるパンの残りがスーパーのビニール袋いっぱいになるほどでした。ご存知のようにフランスではいわゆるバゲットなどの周りの硬いパンが好まれるので、その日に食べてしまわないとそのまま食べるには硬くなってしまいます。この硬くなったパンを「もう食べない」として処理するのであれば、細かく砕いて鳥のえさにする(アヌシー公園でよくジョギングがてらに鳥にパンくずをあげている人を見かけます)、さらには自宅用コンポスト(有機堆肥貯蔵箱)に入れる、または他の生ごみとともにさよならする、というのが可能なオプションです。

「いや、もったいないから食べよう」となった時に、もしパン製造後2−3日目くらいであれば、この地方でまず考えられるのが、チーズ・フォンデュに使うこと。フォンデュ用のパンは、新鮮なパンだとチーズの中で崩れてしまうのでちょっと古いくらいのほうが上手くチーズを絡められます。そして地方を問わずに、もう一つ考えられる「使い道」がパン・ペルデュです。ある資料によると、パン・ペルデュは「貧しい料理」とされてきたようです。硬くなって行き場のなくなった迷子のパンを、安くて手に入りやすい材料で、しかも簡単な方法で食べ物として復活させるところからこの名がついたようです。その後、シナモンで香りをつけることによりあるレストランではデザートとしても考案されるようになったそうです。

さてそういうわけで、冒頭の質問に対する私の答えは、「フランス特有の料理か」という意味ではNonでしょう。でもなぜそれが英語でFrench Toastかということになると、最初に考案したフレンチ氏という名から取ったとか、フランスに対する軽蔑をこめてつけれられた、とか諸説ありますが、この辺は定かではありません。どなたか「これこそがフレンチ・トーストの名前の由来!」というのをご存知ですか?

images.jpg

============
パン・ペルデュの話については主に以下のウェブサイトを参考しました。
http://www.paincroquant.com/pain_perdu.php
世界のいろんなパンが研究されていて結構楽しく読めるサイトです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年2月15日
« 前の記事「バンクーバー冬季五輪に向けて」へ
»次の記事「バンクーバー冬季五輪期間中の報道」 へ
おすすめ記事
    アヌシー特派員 新着記事
    おいしくて早い...インディアン・ファーストフード
    感動の演出  Auberge de Père Bise-Jean SULPICE
    新しい"ペール・ビズ"に注目 Auberge du Père Bise - Jean SULPICE
    空から見た思い出づくり
    ブタのお祭り・・・アヌシーの秋から冬の行事
    アヌシーの滞在型アパートメントホテル
    アヌシー湖で...スタンドアップ・パドル・サーフィン
    ぶどう畑に囲まれた☆☆レストラン・Les Morainières

    フランス ツアー最安値


    2017/11/18更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アヌシー特派員

      アヌシー特派員
      西岡 佐知子
      昨年よりフランス在住。途上国における開発協力を仕事とし、オランダで開発学修士を取得した後、アフリカやアジアに滞在。滞在先で出会ったフランス人の夫のジュネーブ転勤に伴ってスイス国境沿いのオート・サヴォアに転居してきた。アルプスの見える家に住み、自然に囲まれたフランスの田舎暮らしに適応中の日々。都会とはまた違ったナチュラルなフランス南東部の魅力を紹介していく。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集