海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アヌシー特派員ブログ > 雄大な山と滝をみながらハイキング〜 ル・シルク・デ...

フランス/アヌシー特派員ブログ 旧特派員 西岡 佐知子

フランス・アヌシー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月 1日

雄大な山と滝をみながらハイキング〜 ル・シルク・デュ・フェール・ア・シュバル Le Cirque du Fer à Cheval


メール プリント もっと見る

雄大な山と滝をみながらハイキング〜 ル・シルク・デュ・フェール・ア・シュバル Le Cirque du ...

スイス国境に沿うアルプス山脈の西側に位置するジフルGiffre山脈の西側に、シス=パシーSixt=Passyという面積にして約9200ヘクタールの自然保護区があります。中でも特に絶景として知られている、ル・シルク・デュ・フェール・ア・シュバル Le Cirque du Fer à Chevalでのハイキングのご紹介です。岩山から雪解け水が流れ出て作り出すたくさんの滝を左右に見ながら、川に沿って歩くというコースです。シルクというのはサーカスという意味ですが、まさにサーカスのごとくあちこちで繰り広げられるウォーター・ショーを見ながら歩きます。

fer%20a%20cheval.jpg
debut.jpg
入り口付近はこんな感じです。

駐車場を下りて最初の20分ほどは道も平らで、滝つぼまでもメインのハイキング・コースから近いので、時々滝に立ち寄りながら気軽に散歩。ところどころに、川の水量が多いときに渡される小さな橋げたがあります。この日は前日に雨模様だったものの道のぬかるみも少なく、最初の休憩所までは約30分ほど。お手軽ハイキングを楽しみたい人はおそらくここまで。

pont.jpg
cascade1.jpg
左右に滝を見ながら川沿いに歩きます。

buvet1.jpg
最初の休憩所。

我々はその後、1時間15分のコースを試しましたが、結構斜面が急な岩場もあり、運動不足を感じている人にはちょっと覚悟がいるようなコースです。しかしながら、滝の上からの谷間の眺めは、まるで一大スペクタクル映画のようで、どこからか翼のついた恐竜が飛んでくるんじゃないかと思うほどです。

pont.jpg山が近くなってきます。
valley.jpg山の上から歩いてきた谷間を臨む。

cascades1.jpg
cascades2.jpg
岩壁の隙間から雪解け水が流れ、いくつもの滝となって川へ流れていきます。
buvet2.jpg
目的地のレストラン。

途中の休憩も含めて3時間強で戻ってきました。帰りのコースは岩づたいに下りるコースで、急なところではロープが取り付けてあり、つかまって下りることができるようになっています。これも結構スリリングでした。関心のある方はぜひ体験を。


さてこの自然保護区入り口から約6kmに位置する小さな町、シス=フェール=ア=シュヴァルSixt=Fer=a=Chevalもご紹介。サヴォア地方によく見られるように、このような山間の町では酪農を初め、チーズや食肉加工が盛んです。特にこの町は盆地になっていて、交通手段の限られていた時代は住民皆が木の伐採作業、木材加工、建築、鍛冶からチーズの作り方、ソシソンの作り方など全てを身に付けていたそうです。現在もこの町の建築技術はサヴォア地方でもよく知られていて、木材を使った木工細工なども特産となっています。

ちょうどこの日はそういった町の伝統を紹介するお祭りが行われていました。

boucherie.jpg
細切れの肉を腸の袋につめてソシソンを作っています。
const%20chalet.jpg
山小屋建築の実演中。電気の器具を一切使わずにやります。しかも木材は前日に山から切り出され、馬で運ばれてきました。丸太の表面を削って角材にし、二人がかりで角材を4枚の板にし、その板を使って屋根を造っていました。
petit%20carp.jpg
この子も今から特訓中。

================
●シス=フェール=ア=シュヴァルSixt=Fer=à=Cheval
〈行き方〉ジュネーブからはフランスの高速A40に入りシャモニChamonix方面へ。出口18番、クルーズCluseで高速をおりる。Morillonまたは Samoën方面へ向かうと途中からSixt=Fer=à=Chevalの表示が出てきます。所要時間約1時間半。
アヌシーからは高速A41でChamonix方面に乗り、途中A410を経由してA40に合流。あとは同様に出口18番で下ります。
〈ウェブサイト〉www.sixtferacheval.com (英・仏)

鉄道を使う場合はクルーズの駅で降りると、Sixt=Fer=à=Cheval行きのバスが出ています。(運行時刻の確認などは www.voyages-sncf.com, www.sat-montblanc.com で)

●ル・シルク・デュ・フェール・ア・シュバル Le Cirque du Fer à Cheval
入場料:駐車1台につき2.5ユーロ。
ハイキングコースとして開放されているのは夏の期間だけだそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2010年8月 1日
« 前の記事「夏のフード&ドリンク」へ
»次の記事「キャンピング : フランスの一つのバカンスの過ごし方」 へ
おすすめ記事
    アヌシー特派員 新着記事
    おいしくて早い...インディアン・ファーストフード
    感動の演出  Auberge de Père Bise-Jean SULPICE
    新しい"ペール・ビズ"に注目 Auberge du Père Bise - Jean SULPICE
    空から見た思い出づくり
    ブタのお祭り・・・アヌシーの秋から冬の行事
    アヌシーの滞在型アパートメントホテル
    アヌシー湖で...スタンドアップ・パドル・サーフィン
    ぶどう畑に囲まれた☆☆レストラン・Les Morainières

    フランス ツアー最安値


    2017/11/24更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アヌシー特派員

      アヌシー特派員
      西岡 佐知子
      昨年よりフランス在住。途上国における開発協力を仕事とし、オランダで開発学修士を取得した後、アフリカやアジアに滞在。滞在先で出会ったフランス人の夫のジュネーブ転勤に伴ってスイス国境沿いのオート・サヴォアに転居してきた。アルプスの見える家に住み、自然に囲まれたフランスの田舎暮らしに適応中の日々。都会とはまた違ったナチュラルなフランス南東部の魅力を紹介していく。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集