海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アヌシー特派員ブログ > クセが強くてクセになる、、、

フランス/アヌシー特派員ブログ 旧特派員 西岡 佐知子

フランス・アヌシー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月 1日

クセが強くてクセになる、、、


クセが強くてクセになる、、、

基本的にフランスの食材とかお料理と言うのは、一般的に濃い味が好まれます。
濃い味にさらに強めのニオイとかが加わると「クセが強い」ということになるんでしょうか。


私の個人的嗜好と体験に基づいて、「日本人にとって」クセが強いと考えられそうなものをいくつか考えてみました。


まずは、フォア・グラFoie Gras。私自身はフォア・グラかなり好きですが、フォア・グラ産地として知られるフランス南西部産のものを日本にお土産に持って帰ったら、残念ながらこ「生臭い」「おいしくない」「クセがある」と却下されてしまいました。慣れない味というのもクセとして感じられるのかもしれません。

しかし、フォア・グラのおいしさ発見のために気をつけたい点が2つ。まずはパンと食べるときは、日本のふかふかパンではなく、固めのかりっとしたパンのトーストしたものと食べるとよりおいしくなります。次に秋になって、果物のいちじくが出回る時期にはぜひいちじく(もちろん生のいちじくです)と一緒にご賞味を(写真のように)。結構クセになります。


foie gras.jpg


そして、アンドゥイユAndouilleもクセの強い食材かもしれません。初めて食べたときに半分でギブ・アップした記憶が頭から離れないだけかもしれませんが。。
アンドゥイユは豚の腸に豚の内臓をいろいろ詰めたもので、ソーセージ上になっていて切ると年輪みたいに詰め込まれた腸たちが見えるのが特徴です。ブルターニュ地方が特産地と言われています。シチューなどの煮込みに入れて調理したり、そのままソーセージみたいに食べたりします。

andouilles.jpg


さらにブダンBoudinというのもあるかもしれません。こちらは豚の腸に豚の血と脂を固めたものが詰めてあります。冬場にマッシュ・ポテトと一緒に食べると血に混ぜてある塩味とともになかなかの味ではありますが、「血、、、」と思って食べるとクセが強いと思う人もいるかもしれません。


boudin.jpg

そして臭いの方のクセで種類豊富なのはチーズ。わりとポピュラーなチーズも人によっては臭いと言うこともあるので、これは全く個人の好みによるところでしょう。それでもフランス人の間でも一般的に臭いのきつさで知られているチーズは、ブルゴーニュ地方のエポワスEpoissesでしょうか。とはいえ広く好まれているチーズなのでやはりクセが強いというのはクセになってしまうのかもしれません。


epoisses.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年9月 1日
« 前の記事「地ビールが楽しめる ミクロブラッスリ・ラ・ファブリック Microbrasserie La Fabriq...」へ
»次の記事「パラグライダー体験!」 へ
アヌシー特派員 新着記事
おいしくて早い...インディアン・ファーストフード
感動の演出  Auberge de Père Bise-Jean SULPICE
新しい"ペール・ビズ"に注目 Auberge du Père Bise - Jean SULPICE
空から見た思い出づくり
ブタのお祭り・・・アヌシーの秋から冬の行事
アヌシーの滞在型アパートメントホテル
アヌシー湖で...スタンドアップ・パドル・サーフィン
ぶどう畑に囲まれた☆☆レストラン・Les Morainières
1年前の同じ月に投稿された記事
第6回 フランスと日本をつなぐ人びと Learn French at Home 代表 セリーヌ・アントニオ さん Madam Céline Antonioz
第5回 フランスと日本をつなぐ人びと  作家 レオ・ガントレ さん Monsieur Léo Gantelet
フィエル渓谷 Les Gorges du Fier

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アヌシー特派員

    アヌシー特派員
    西岡 佐知子
    昨年よりフランス在住。途上国における開発協力を仕事とし、オランダで開発学修士を取得した後、アフリカやアジアに滞在。滞在先で出会ったフランス人の夫のジュネーブ転勤に伴ってスイス国境沿いのオート・サヴォアに転居してきた。アルプスの見える家に住み、自然に囲まれたフランスの田舎暮らしに適応中の日々。都会とはまた違ったナチュラルなフランス南東部の魅力を紹介していく。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集