海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アントワープ特派員ブログ > アントワープの【おすすめチョコレートショップ】

ベルギー/アントワープ特派員ブログ マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年2月12日

アントワープの【おすすめチョコレートショップ】


アントワープの【おすすめチョコレートショップ】

IMG_7621.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
まず新型コロナウイルスの状況ですが、一進一退を繰り返しています。ワクチン摂取が始まりましたが、変異型の症例も増え、厳しい状況が続いています。
さて、ベルギーにチョコレートのイメージをする人も多いと思います。2月14日のバレンタインも近いので、今回はおすすめのチョコレートショップを紹介します。
新型コロナウイルスが収束したら、ぜひ訪れて味わってみてください。上質なチョコレートは、いいおみやげにもなります。アントワープならではのお店を中心に選びました。

 
■DelReY

IMG_6430.jpeg

アントワープを代表するチョコレートショップといえば、DelReY。創業の1949年から、現在への変遷はDelReY Japanのウェブサイトがわかりやすいので参照してください。
現在のオーナーは1975年からDelReYで働き始めたBernard Prootと当時一緒に働いていたAnne Seutin夫婦。さらに息子のJan Proot も加わり、発展と継承を続けています。1993年、DelReYは、フランスパティスリー界の権威、Relais Desserts(ルレ・デセール)の会員となりました。
DelReYは日本にも出店しており、定着した人気があります。象徴的なチョコレートというと、アントワープの代表的産業であるダイアモンドをデザインしたもの。さらに、宝石のごとく美しく繊細なプラリネも多数。季節ごとのラインナップも楽しみです。
特筆すべきは、ケーキなど生菓子も豊富で高品質なこと。チョコレートはもちろん、フルーツやナッツ類を使ったオリジナルケーキは目にも舌にも美しい。季節に合わせたデコレーションもお得意です。ショップに併設されたカフェ The Chocolate Loungeではそれらを体験できます。ホットドリンクにスイーツを添えてお出しする"デルレイスタイル"は評判になり、多くのショコラティエに導入されています。また、夏に登場するアイスクリームスタンドも大人気です。

IMG_5990.jpeg

【DelReY】
・住所: Appelmansstraat 5, 2018 Antwerpen
・電話: 03 470 2861
・営業時間: 9:00~18:00 (現在閉鎖中のThe Chocolate Lounge 10:00~18:00)
・休業日: 日・祝日
・URL: https://www.delrey.be
・URL(DelRey Japan):  https://delrey.co.jp/delrey

■Sweertvaegher

FullSizeRender.jpeg

日本へ未入荷でアントワープで一番おいしいと思っているチョコレートショップがSweertvaegherです。プラリネを初めて食べたとき、見た目も味も繊細で虜になりました。甘いですが、小ぶりなサイズがちょうどよく、おみやげにしたり、来訪者があるときには紹介しています。
1933年創業のSweertvaegherの本拠地は実はブルージュ。店名を「V-chocolatier」と変えたブルージュで最も長い歴史を持ち、西フランダース地区で最初のチョコレートショップです。現在は3代目が引継いでいます。アントワープ店は1990年にオープンしました。
創業者Robert Sweertvaegherから現在のパティシエJan Verougstraeteに引き継がれた伝統的なチョコレートは高品質のカカオバターのみを使用し、伝統的な手法で作られています。商品は2日ごとに入れ替えられ、ラッピングも素敵なのでプレゼントにも。

FullSizeRender 7.jpeg

【Sweertvaegher】
・住所: Groendalstraat 8,2000 Antwerpen
・電話: 03 226 3691
・営業時間: 10:00~18:00
・休業日: 日曜
・URL: http://www.sweertvaegher.com

■JITSK DSC09940.jpegのサムネイル画像

若く先鋭的なショコラティエ、Jitsk Heyninck率いるJITSKも興味深いです。
伝統を守りながらも、自由な発想と職人魂、素材への誠実さを大切にしたNew Generationチョコレートです。華美に誇張するのではなく、良質さとシンプルさを表現しています。
カカオ、乳製品、フルーツ、ナッツ、すべて有機農家などと契約し最高品質の材料を使用して生まれたJITSKのチョコレートは2016年にフランスのレストランガイドGault Millauに認められました。
また、JITSKは人気レストランやイベントでのコラボなど話題に事欠かないのも特徴です。
スタジオとショップはアントワープのビールDe Koninckの醸造所のエリアにあり、一緒に巡るのもおすすめです。町の中心にあるCRUという高級食材店でも常設売場があって便利です。

【JITSK】
・住所: Boomgaardstraat 1, 2018 Antwerpen
・電話: 04 8623 5002
・営業時間: 火~土曜 9:00~18:00
・休業日: 日・月曜
・URL: https://www.jitsk.com

 
■ IN CHOC

DSC09938.jpeg

新開発地区Eilandjeにできた新しいチョコレートショップを紹介します。
IN CHOCはガラス張りのお店そのものがショーケースのようなたたずまいです。併設されたアトリエでは、実験と日々挑戦を続ける、ショコラティエ Tom Coosemansの姿も見られます。
彼は食通の家庭に育ち、チョコレートとともに、製パンや製菓の勉強もしましたが、チョコレートへの情熱に勝るものはなかったとのこと。彼のこだわりは純粋で正直な味。最高の食材のみを使用して作られたチョコレートは、2020年フランスのレストランガイドGault Millauで「ベルギーとルクセンブルグの最高のショコラティエ」と認められました。創造性あふれるチョコレートは、意外な組み合わせもたくさんあり、今後も楽しみです。

【IN CHOC】
・住所: Nassaustraat 15, 2000 Antwerpen
・営業時間: 水~金曜 10:00~13:00、13:30~18:00/土曜 10:00~18:00/日曜 10:00~17:00
・休業日: 月・火曜
・URL: https://www.inchoc.be

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2021年2月12日
« 前の記事「美しい近代建築【Parkbrug】」へ
»次の記事「アントワープで最も象徴的な近代建築【Havenhuis Antwerpen】」 へ
アントワープ特派員 新着記事
アントワープが誇る屋外彫刻美術館【Middelheim Museum】
アントワープで最も象徴的な近代建築【Havenhuis Antwerpen】
アントワープの【おすすめチョコレートショップ】
美しい近代建築【Parkbrug】
アントワープの【おすすめ書店】
アントワープの【年末年始のスィーツ事情】
水辺の町アントワープの【絶景夕日スポット4選】
歴史的建物【Handelsbeurs Antwerpen】過去と現在

ベルギー ツアー最安値


2021/3/1更新

ヨーロッパ 航空券情報


ベルギー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アントワープ特派員

    アントワープ特派員
    マユミ・スティーブンス さん
    神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集