海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アントワープ特派員ブログ > ユニークなアプローチ【GRAANMARKT 13】...

ベルギー/アントワープ特派員ブログ マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年12月 8日

ユニークなアプローチ【GRAANMARKT 13】五感で楽しむアントワープ


ユニークなアプローチ【GRAANMARKT 13】五感で楽しむアントワープ

DSC01583.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
ベルギーでは、新型コロナウイルスの状況悪化にともない、新たな冬期措置が実施されることになりました。例えば、マスク着用の義務は6歳以上が対象となるなど厳しさを増しています。また、残念ながら、アントワープのクリスマスマーケットは中止となりました。
さて、今回紹介するのはアントワープ中心地にあるマルチハウス【GRAANMARKT 13】。レストランを中心に紹介します。新型コロナウイルスが収束したら来訪ください。

■ GRAANMARKT 13
DSC01586.jpeg

アントワープの最もよく知られている週末マーケット、Vogelenbarkt(小鳥のマーケット)の一角にGraanmarktという名の広場があります。広場の北側には気持ちのいいテラス席のあるカフェ・レストラン並んでいます。一際、おしゃれな雰囲気のお店が【GRAANMARKT 13】で、この店名は住所でもあります。
興味深いことに【GRAANMARKT 13】は、レストランだけでなく、ここにたつビル全体を指していて、さまざまなアプローチで楽しませてくれます。
創設者のIlse CornelissensとTim Van Gelovenのセンスが光る、今のアントワープを五感で楽しみたい方におすすめの場所です。

■GRAANMARKT 13
・住所: Graanmarkt 13, 2000 Antwerpen
・電話: 03337799125.65
・URL: https://www.graanmarkt13.com

■ Restaurant【GRAANMARKT 13】レストラン
DSC01595.jpeg

ベルギー料理の中心となる素材というと、お肉。魚介もありますが、種類が少ない。ベジタリアンやヴィーガンが多いとはいえ、一般的には肉食なイメージです。
そんななか、ヨーロッパならではの野菜は興味深く、探究心をかき立てられます。一方でヨーロッパの旅行中に野菜不足を嘆く日本人も多いですよね。
Restaurant【GRAANMARKT 13】は、特に野菜料理が楽しい。"軽くて栄養がある""ハーブを楽しむ""そのままの豊かさ""食感の違い""ナッツを粋に効果的に"などのコンセプトをかかげ、独自のアプローチで料理を提供しています。
選んだ料理をシェアしていただくスタイル。日本人が好きな「少しずつ多種類食べたい」がここでは可能です。
【GRAANMARKT 13】は屋上緑化を進め、そこで育てたハーブやはちみつを料理に生かしています。
地元で毎日収穫される新鮮な食材も欠かせません。
Restaurant【GRAANMARKT 13】は、2021年にミシュランの「グリーンスター」を獲得し、2015年にはWe're smart worldでフランダースのベストベジタブルレストランに選ばれました。
■ Restaurant【GRAANMARKT 13】
・電話: 033377991.25.65
・営業時間: 火~土曜日 12:00~14:30、18:00~22:00(要予約)
*入口前のテラス席では予約なしでドリンクと軽食が楽しめます(火~土曜日 12:00~22:00)
・休業日: 日・月曜日
・URL: https://www.graanmarkt13.com/restaurant

Restaurant【GRAANMARKT 13】は地下にあり、高い評価を受けているシェフがきりもりしています。日替わりで魚や肉、そしてベジタリアン向けのタパススタイルの料理を用意しています。コース料理ではないので、カテゴリーに縛られることなく自由に選べます。
体験した料理の一部を写真とともに紹介します。ベルギーのレストランの特徴でもありますが、メニュー名=素材名の羅列なことが多い。このレストランもしかりでしたので、写真すぐ下にメニュー名、その下に注釈をつけます。

DSC01589.jpeg
●ズッキーニ、ポルチーニ茸、ジロール茸
ポルチーニを土台に、ジロールをのせてオーブン焼き。その上に黄色ズッキーニの薄切りのマリネをのせた、予想外の姿で登場。口に入れるたび、違った歯応えと香りを楽しめます。

DSC01592.jpeg
写真左上●チコリのタルトタタン、羊のチーズ、マスタードリーフ
写真がイマイチなのですが、これが絶品でした! 想像できずにいたタルトタタンはリンゴでなくチコリ版。ほんのり甘くキャラメリゼされたチコリ(リーフの下に隠れてます)とチーズの相性が抜群でした。
写真右下●フレンチフライ、エスペレットの唐辛子、パセリの根
ベルギー名物フリッツをRestaurant【GRAANMARKT 13】はどんな風にアレンジするのか見てみたくてオーダー。パセリの根は初めてでしたが、パースニップに似た味わい。フリッツが爽やかに。

DSC01594.jpeg
●イベリコ、アーティチョーク
こちらもアーティチョークのアレンジを知りたくてオーダー。イベリコも特にハムと書いてなかったので、イベリコ豚(精肉)を使った料理かな?とも想像しましたが、生ハムでした。アーティチョークはねっとりとナスにも似た味わい。松の実が効いていました。

■ Store【GRAANMARKT 13】
DSC01584.jpeg
DSC01585.jpeg

入口から階段を上がると創始者、IlseとTimが厳選したコレクターズアイテムのショップが広がっています。ファッションから、インテリア、アート、一生モノのインスピレーションを与えてくれる品々は目の保養にもなります。食器類も充実していて、地下のレストランで使われている食器も購入可能。
旅の思い出に、自分へのおみやげに特別な一品を探すのもおすすめです。
さらに【GRAANMARKT 13】には、最上階にホテルサービス付きの豪華なアパートメントの用意もあります。
また、2021年に再オープンしたMOMU(モード博物館)内のカフェはコラボによって生まれました。

■ Store【GRAANMARKT 13】
・電話: 033377992.25.65
・営業時間: 月~土曜日 10:30~18:30
・休業日: 日曜日
・URL: https://www.graanmarkt13.com/store/antwerp

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル
2021年12月 8日
« 前の記事「魅力あふれるルクセンブルクの小さな町4選【Luxembourg】」へ
»次の記事「お土産調達や普段のベルギーライフを見つけに【アントワープのスーパー4選】に行ってみよう」 へ
アントワープ特派員 新着記事
港町アントワープならではの多目的な船【't Kerkschip】
アントワープの歴史的建物で世界を感じるメトロポリタン料理を。レストラン【Fiera】
ベルギー版パンケーキ専門店【Pannenkoekenhuis De Familie Suykerbuyck】
お土産調達や普段のベルギーライフを見つけに【アントワープのスーパー4選】に行ってみよう
ユニークなアプローチ【GRAANMARKT 13】五感で楽しむアントワープ
魅力あふれるルクセンブルクの小さな町4選【Luxembourg】
小国ながら多彩な顔を持つ【Luxembourg】を楽しもう
ルクセンブルグ【Vianden】で過ごす休日
1年前の同じ月に投稿された記事
【フランダースの犬】ネロとパトラッシュの教会&絵本
世界で最も美しい駅 アントワープ中央駅

ヨーロッパ 航空券情報


ベルギー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アントワープ特派員

    アントワープ特派員
    マユミ・スティーブンス さん
    神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集