海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アントワープ特派員ブログ > アントワープの歴史的建物で世界を感じるメトロポリタ...

ベルギー/アントワープ特派員ブログ マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年1月12日

アントワープの歴史的建物で世界を感じるメトロポリタン料理を。レストラン【Fiera】


アントワープの歴史的建物で世界を感じるメトロポリタン料理を。レストラン【Fiera】

DSC01925.jpeg
 
こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。2022年最初の投稿です。本年もどうぞよろしくお願いします。
新型コロナウイルスの感染状況は年末年始以降、さらに悪化しています。3度目のワクチン接種も急ピッチで進められ、6才以上の子供も対象となりました。
さて、今回は少しおしゃれして出かけたい、先鋭的で美しい、それでいてベルギーらしさや歴史も感じられるレストラン「Fiera」を紹介します。新型コロナウイルスが収束したら、来訪ください。
 

■ Fiera
DSC01930.jpeg
 
魅力溢れるレストランFiera。まずはお店の印象から紹介します。建物はアントワープの黄金時代を支えた、証券取引所Handelsbeurs Antwerpenの一角にあります。歴史を感じる重厚で美しい建物。改修工事を終え、モダンでコスモポリタンな雰囲気の内装も施されました。
Fieraは、ベルギー料理や素材を基本に、各国料理の影響を受けた料理を提供しています。訪問者を旅に連れ出し、ユニークな体験を提供することがコンセプトのレストランです。
ランチまたはディナーでの利用が一般的ですが、12:00~24:00まで営業しているので、ティータイムやバー利用だけも可能です。ちなみに冒頭の写真は美しいバースペースです。
 

■Fiera
・住所: Lange Nieuwstraat 14, 2000 Antwerpen
・電話: 033692332
・営業時間: 火~日曜日 12~24時
・休業日: 月曜日
・URL: https://fiera.be
 
シェフはAndy De Cremer と Davide Mazzoniのふた人。世界中の活気ある都市からインスピレーションを受け、選び抜いた食材で自慢の料理を作ります。
Fieraに初めて訪れる人におすすめなのが「Tasteful Encounters(味わい深い出会い)」と名付けられたコース料理です。
夜、昼各2種類のコースが用意されています。
ディナー)
4品コース 65ユーロ
5品コース 79ユーロ
ランチ)
2品コース 39ユーロ
3品コース 49ユーロ
メニューは定期的に変わります。前菜、メイン、デザートの各カテゴリーから好みのものを選ぶスタイルです。
今回は、ディナーの4品コースを中心に紹介します。
 
DSC01918.jpeg  
前菜)USプライム牛のカルパッチョ 
味付けの中心はポン酢。日本人には馴染みのあるゆずの香りが広がり、とても食べやすかったです。牛肉は驚くほど薄く軽く、美しい盛りつけにうっとりしました。
 
DSC01913.jpeg  
ワイン)
ドリンクメニューは、世界中のお酒が豊富に揃っています。
ベルギーはビールの国ですが、最近はワイナリーができ、評判が良いので試してみたいなと思っていましたが、高級店でもベルギーワインを扱う店は少なく、あってもボトルのみという店が多いのです。Fieraではボトルはもちろん、グラスも数種類から選ぶことができ、好みを伝えてピッタリのワインを選んでもらうことができました。念願のベルギーワインはとてもおいしく、食事にもバッチリ合いました。
 
DSC01920.jpeg  
前菜2)アントワープのレストランでは、メニュー表示に調理法の説明がなく、材料名が羅列されているだけということがよくあります。今回のメニュー名も「Cauliflower coconut velouté - shells -spring onion - chervil」と、料理のイメージができませんでした。実際の料理には、蒸した貝類とフライがのったひと皿で、その場でスープが注がれるという演出でした。これがカリフラワーとココナッツのビロード。全体をスープに浸しながら、混ぜて食べるのですが、フライの中にはねぎが長いまま入っていて、驚きました。奇想天外なひと品。
 
DSC01933.jpeg  
メイン)大海老とホタテを軸にそのスープとズッキーニ、エシャロットのコンフィを泡状に仕立て、フレゴラという球状のパスタを合わせたもの。文句なしの美味しさ。
 
DSC01934.jpeg  
デザート)パネトーネにカボチャのソルベとチョコレートムースを組み合わせたひと品。全体にラムの風味づけがされていました。チョコレートムースがほろ苦く、大人のデザートでした。
以上が、今回私が食べた4品コースです。
 
最後に「Handelsbeurs by Night」を紹介します。これは地元アーティストによるライブ演奏と共に食事が楽しめる特別企画。不定期なので、興味ある方はサイトで確認して下さい。旅の日程と合致したら、貴重なタイミングであること間違いありません。Handelsbeursホールで演奏が行われ、それを取り囲むパティオ部分で食事を楽しみます。今回紹介したFieraはその延長線上にある配置です。

■Handelsbeurs by Night
・住所: Borzestraat 31, 2000 Antwerpen(Fieraとは入口が違います)
・URL: https://fiera.be/handelsbeursbynight/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術
2022年1月12日
« 前の記事「ベルギー版パンケーキ専門店【Pannenkoekenhuis De Familie Suykerbuyc...」へ
»次の記事「港町アントワープならではの多目的な船【't Kerkschip】」 へ
アントワープ特派員 新着記事
元女優が手がけるおしゃれなカフェ【MAURICE BAR】
肉屋のギルドハウスと呼ばれる博物館【Museum Vleeshuis】
港町アントワープならではの多目的な船【't Kerkschip】
アントワープの歴史的建物で世界を感じるメトロポリタン料理を。レストラン【Fiera】
ベルギー版パンケーキ専門店【Pannenkoekenhuis De Familie Suykerbuyck】
お土産調達や普段のベルギーライフを見つけに【アントワープのスーパー4選】に行ってみよう
ユニークなアプローチ【GRAANMARKT 13】五感で楽しむアントワープ
魅力あふれるルクセンブルクの小さな町4選【Luxembourg】
1年前の同じ月に投稿された記事
アントワープの【おすすめ書店】
アントワープの【年末年始のスィーツ事情】
水辺の町アントワープの【絶景夕日スポット4選】
歴史的建物【Handelsbeurs Antwerpen】過去と現在

ヨーロッパ 航空券情報


ベルギー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アントワープ特派員

    アントワープ特派員
    マユミ・スティーブンス さん
    神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集