海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 青森特派員ブログ > 今年楽しんだ夏祭りpart1~青森ねぶた編~

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月25日

今年楽しんだ夏祭りpart1~青森ねぶた編~


メール プリント もっと見る

今年楽しんだ夏祭りpart1~青森ねぶた編~

すっかり夏の暑さも落ち着いてきましたね。
お祭り三昧の毎日を過ごしているうちに、夏が終わってしまいそうです。

今年の夏は、毎年のとおり青森ねぶた祭りに始まり、五所川原立ちねぶた、花火大会・・・
めまぐるしくお祭り女をしていました(笑)


IMG_6856.JPG


そこで、今年の夏に楽しんだ夏祭りについてまとめておこうと思います!
part1は、青森市で開催された「青森ねぶた祭り」
part2は、五所川原市で開催された「五所川原立ちねぶた」
part3は、鶴田町で開催された「つるたまつり花火大会」

という感じでまとめていきます!(^^)

お祭りが終わったあとのまとめなので、レポートのようになってしまいますが、
来年の夏の青森旅の参考にしてくださいね♪


さて、青森ねぶた祭りです!
みなさん知ってのとおり、日本の三大まつりのひとつに数えられる「青森ねぶた祭り」。

ねぶた祭りは、8月1日に前夜祭があり、8月2日~8月6日までが本番、
8月7日に花火大会と賞を獲ったねぶたの海上運行(船に乗せて青森湾を移動させ、ねぶたを運行)と7日間続きます。


前夜祭は、ねぶた小屋に収められた、今年の新作ねぶたのお披露目会という感じです。
ライトアップした動かないねぶたをじっくり見ることができるのは、この日だけ!


IMG_6782.JPG


夕方くらいからすごい人です!


IMG_6802.JPG


ライトアップ時には会場から歓声が。


IMG_6820.JPG


ねぶたのメインとなる山車は、スポンサー企業の出資によって毎年大体25台ほどがつくられ、
そのほとんどがこの7日間のためだけのものとなります。
お祭りの7日間を終えると、大体すぐに解体作業をしてしまうからです。

このためだけに命を込めてつくられるねぶた。
熱いものを感じますよね。

その毎年新しく作られるねぶたを制作しているのが、「ねぶた師」と呼ばれる職人さんです。
今年はねぶたの最優秀賞として、女性のねぶた師である北村麻子さんが受賞しました。

IMG_6805.JPG

これがそのねぶた。細やかで鮮やかな色の重なり合いが、とてもきれいなねぶたです(^^)


5日には、わたしもねぶたのハネトとして参加しました\(^^)/
実は3年ぶりの参加。後日筋肉痛になりました(^^;)


IMG_20170806_000726_183.jpg


IMG_20170806_000726_171.jpg


ねぶたは主に、山車、囃子方、ハネトで構成されています。
ハネトは衣装さえきちんと着ていれば、どなたでも参加することができます(^^)


「ラッセーラーラッセーラー」の掛け声とともに、左右の片足ずつケンケンしながら跳ねて前に進みます。
難しい手踊りとは違うので、観光客の方でもすぐに混ざってハネトとしてお祭りを楽しむことが出来るんです。


衣装は、貸衣装屋さんで3000円程度で借りることが出来ます。
中には無料で貸している企業もあるので、下調べ必須です!

せっかくなので撮影した山車をご紹介☆


IMG_6827.JPG


IMG_6818.JPG


IMG_6807.JPG


IMG_6774.JPG

7日の花火大会も行ってきましたよ(^^)

いつもの青い海公園にはたくさんの屋台が立ち並びます。

1503589584614.jpg

豪華客船も寄航していました!

1503589581043.jpg

肝心の花火ですが・・・動画ばっかり撮っていて、写真が一枚もありません(´д`;)
花火の写真は鶴田町の花火大会でガッツリ撮ったので、のちほどそちらでお楽しみください・・・笑

青森市の花火大会は、他の東北の花火大会に比べるとそんなに規模は大きくないですが、青森県内でも玉数は一番多いほうです。


海の上をお囃子と花火とともに緩やかに進むねぶたの海上運行は、一見の価値あり!

こうして最終日まで大いに盛り上がり、楽しんだ7日間でした。

さて、次は青森なぶた祭りの合間を縫って行った五所川原の立ちねぶたについて、part2にてまとめます!お楽しみに!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2017年8月25日
« 前の記事「青森市内の温泉郷「浅虫温泉」でくつろぐ休日」へ
»次の記事「今年楽しんだ夏祭りpart2~圧巻の五所川原立ちねぶた~」 へ
おすすめ記事
    青森特派員 新着記事
    ふじわら陶房で念願の陶芸体験!お皿づくり
    【カレーとコーヒーking】のんびり過ごす午後
    青森の老舗和菓子屋さんで食べる甘くない抹茶パフェ
    喫茶室batonで食べる、身体も温まる薬膳カレーライス!
    明けましておめでとうございます!
    最高の県産お刺身に舌鼓♡【一っ福】
    ウワサの筋子巻が食べられる!【三九鮨】
    秋を感じる、平和公園の散歩
    1年前の同じ月に投稿された記事
    秋はイベント満載!【A-Paradise】アートで音楽のあるまちづくりイベント
    夏のさいごに...黒石よされまつり!
    八戸観光ならまずここ!【ポータルミュージアムはっち】
    これぞ日本の祭!青森ねぶた祭

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 青森特派員

      青森特派員
      鈴木 麻理奈
      青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_tNgJ75dVN7

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集