海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ニュージーランド/オークランド特派員ブログ

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ Keiko

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

都市住宅開発が急速に進むオークランド、スカイタワーや高層ビルが立ち並ぶダウンタウンや家が立ち並ぶ住宅街を歩いていると、ここが農業大国であることを忘れそうになりますが、少し中心部を離れると、羊や牛達があちこちで放牧され、ゆったりと草を食んでいる景色が目に入ってきます。

特に冬の終わりから春は出産の季節、春から夏にかけ愛くるしい子羊や子牛たちが、牧草の上を走り回っています。

4-1sheep (640x360).jpg

年度の最終学期である10月から11月にかけ、郊外の小学校では農業をテーマにしたイベントを催すのが恒例となっています。かつて私の息子が通った小学校でも、毎年春の終わりにアグリカルチャーディという文化祭的な行事が催されています。

4-2Lambs1 (640x360).jpg

この行事のメインは、その年の春に誕生した子羊や子牛、子ヤギなどの品評会です。エントリーする生徒達はそれぞれ生後すぐから、動物の赤ちゃんを責任を持って飼育し、当日はきれいにグルーミングをして品評会に参加します。品評会では、動物達の健康状態や毛並みの他、障害物を越えたり、名前で呼び寄せることができるか、など、生徒と動物の関係ができているかどうかも評価されます。こうした行事を通して、家畜を大切に育てていくという畜産業の心を、子どものうちから学んでいくのです。

4-4 goats (640x480).jpg

4-3 calf1 (640x480).jpg

いざ品評会に出ると、相手は動物。飼い主の言うことを素直に聞くものがいる一方、なかなか子供達の言うことを聞かず、中には梃子でも動かない子牛や、呼んでも違う方向へ走って行ってしまう羊などもいて、会場は笑いに包まれます。

4-5 calf2 (640x480).jpg

4-6 calf3 (640x480).jpg

我が家の息子もかつてこの品評会に何度かエントリーしました。毎日の授乳を通して子羊はすっかり息子に慣れ、大きな羊に成長した今でも名前を呼ぶと返事をしてこちらへ走ってきます。

4-7 lamb2 (640x480).jpg

その他にもかかしの品評会やゲーム、様々な食べ物の屋台も出るなど、どの年代の方でも楽しめる郊外らしいイベントです。

4-8 scarecrows (640x360).jpg
学校主催のイベントだけでなく、春から秋にかけて、動物達と気軽に触れ合える畜産関連の催しは、オークランド郊外のあちこちで行われます。路線バスを利用しながら、あるいはレンタカーで、少し市街から足を伸ばしてニュージーランド!という農業イベントを覗いてみてはいかがでしょうか。

日々のイベントを紹介するサイト「Event finda 」には、農業イベントのみならず様々な催し物の情報が載っていますので、是非ご活用くださいね。

Event finda(http://www.eventfinda.co.nz/whatson/events/auckland


2017年11月18日

少々ご無沙汰している間に、春が目の前という頃になってしまいました。

今年の冬のオークランドは例年以上に雨の日が多く、何度か集中豪雨にも見舞われました。それでも8月後半になると、まだ天候は不安定ながら、だんだん日が延びてあちこちで子羊が誕生します。

さて、NZの寒い時期のフルーツと言えばキウイフルーツがお馴染みですが、今回は日本ではあまり見かけないフルーツをご紹介したいと思います。

DSC_0851.JPG

ナス科の果実「タマリロ」はキウイフルーツほどの大きさ、ツルツルした皮に包まれています。南米原産のこのフルーツ、トマトの近縁でもあることから、ツリートマトという呼称で呼ばれる地域もあるようです。写真のような真っ赤なタイプの他に、黄色いタマリロもあります。切って見るとこんな感じ。

DSC_0852.JPG

肝心のお味はどうかというと、とにかく酸っぱい!もちろん生食もできますが、タマリロの美味しさを引き出すには砂糖と一緒にコンポートにするのがおすすめです。

皮ごと煮立てるとあっという間に火が通り、皮がつるんとむけます。柔らかく煮えた真っ赤なタマリロをアイスクリームやヨーグルトに添えると最高の美味しさ。

DSC_0854.JPG

また、パイやクランブルのフィリングにしたり、ハーフカットしたものをグリルして砂糖をかけていただく、など、タマリロの甘酸っぱさと独特の風味を生かしたシンプルなデザートこそ、このフルーツの美味しさが引き出されます。

tamarillo-with-almond.jpg


その他タマリロは、チャツネやソースにも加工されています。


栄養的にも、低カロリーなだけでなく、各種ビタミンを豊富に含み。健康と美容の面からも魅力的なこのフルーツ、当地で見かけたらぜひ味わってみてくださいね!


2017年9月 3日

汗ばむ日が増えてくる日本の5月、季節が真逆のオークランドでは秋から冬へと季節が移り変わっていきます。朝夕がぐっと涼しくなり、日照時間が短くなってくると、徐々に落葉樹の紅葉が始まります。国土全体が緑豊かなニュージーランドは、原産種の常緑樹が織りなす原生林の美しさで知られていますが、所々で秋の紅葉を楽しむこともできます。空の青、牧草の緑、そして紅葉という、ニュージーランドならではの色彩のコントラストは、日本の秋の風景とはまた違った趣があるものです。

cornwall park1.jpg


オークランドで紅葉を楽しみたいという方に、いくつかある紅葉スポットの中から今回はコーンウォールパーク(Cornwall Park)をご紹介したいと思います。市の中心部に近く、鉄道やバスで気軽にアクセスできるこの公園は、年間を通して観光客はもちろん、地元民でいつも賑わっています。200ヘクタールを超える広大な敷地内には、NZの原産種はもちろん、オーストラリア原産種の樹木や北半球原産の落葉樹、果樹、カラフルな一年草など、多種多様な植物が植えられ、四季折々に違う表情を見ることができます。秋の紅葉が楽しめるものとしては、オーク類やアッシュ、イチョウ、カエデ、クリ、サクラなどがあり、4月から6月にかけて赤、黄色、紫、オレンジなど公園に鮮やかな色を添えてくれます。美しい紅葉と草を食む羊たちを眺めながら、このコーンウォールパークで散歩やピクニックを楽しんでみてはいかがでしょうか。

cornwall park2.jpg

この広大な公園の中には、標高180メートルほどの小高い丘があります。ワンツリーヒル(One Tree Hill)という名で市民に愛されてきたこの丘は、市内を一望できるビュースポットとしても有名です。体力と時間に余裕がある方は、ぜひ頂上まで徒歩で登ってみてください。ルートによって多少違いはありますが、約1時間ほどのトレッキングでオベリスクの立つ頂上へ到着でき、オークランドの中心部はもちろんハウラキ湾やランギトト島、対岸のノースショアなど、360度の景色を楽しむことができます。園内はヒツジがあちこちで放牧され、舗装された歩道だけでなく牧草地内を歩くことも可能です。落ちているヒツジの糞に気を付けながら、ヒツジと至近距離でのシャッターチャンスを狙ってみましょう。

cornwall park3 onetree hill.jpg

散策の後は園内で優雅なひと時を
最先端のカフェが溢れる街としても知られるオークランドですが、この公園の中にもぜひ立ち寄っていただきたいカフェがあります。公園の名前が付いた「コーンウォールパークイータリー」(Cornwall Park Eatery)にはカフェ、ビストロ、アイスクリームショップの三つのセクションがあり、一杯のコーヒーから、友人との午後のハイティー、ワインとともにいただくメインコースまで、細やかなサービスを提供しています。広々とした店内でゆったりといただくブランチも格別ですが、カフェでサンドイッチやスイーツをテイクアウトして、青空の下でピクニックを楽しむ、というのもお勧めしたいランチタイムの過ごし方です。また園内の散歩の後には、NZ産の原材料をふんだんに使って作られた「ラッシュマンロ」(Rush Manro)のアイスクリームも味わってみてください。

cornwall cafe inside.jpg

本格的な冬が来る前に、秋のオークランドをぜひ楽しんでくださいね。

20100425_eden_gardens_0058_2-M.jpg

コーンウォール・パーク・カフェ(Cornwall Park Cafe)
Cornwall Park, Pohutukawa Drive, Epsom,Auckland
7.30am - 4.30pm

www.cornwallparkeateries.com/


2017年5月11日
2017年5月11日
2017年3月28日
2017年3月11日
2017年3月 3日
⇒すべての記事を見る

ニュージーランド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • オークランド特派員

    オークランド特派員
    Keiko
    2000年にNZ人の夫に伴ってオークランドへ移住、3年間の米国滞在を挟んだ後、また当地へと舞い戻り、オークランド北部郊外に居を構える。日本での医療専門職から一転、現在は留学生アドバイザー、地域スポーツクラブのボランティア活動などに勤しみながら、家族、愛犬、羊十数頭と共に、海と緑とほどほどの都会に囲まれたオークランド生活を満喫中。 DISQUS ID @disqus_j5gWBB9qXL

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集