海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オークランド特派員ブログ > TiriTiri Matangi Island

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ 旧特派員 渋谷 明子

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月23日

TiriTiri Matangi Island


TiriTiri Matangi Island

寒波で雪やら雹やら、、だった日々もつかの間、
すっかり春らしいオークランドです。

先週末は気持ちよく晴れていたので、
オークランドからフェリーで80分、
Tiritiri Matangi Islandへ行ってきました。

nzpegion.jpg

野鳥の楽園と言われ、鳥好きにはたまらない魅力ある島と聞いていましたが、
なるほど、島を歩き始めると、鳥の歌声CDを聞いているかのよう。

北島の森は、シルバーファーンというシダ類があって、
見え目が少し南国風なのですが、その景色の中で聴こえてくる
なんとも不思議な鳥の歌声が、
森歩きをさらに楽しいものにしてくれているように感じます。

鳥の声を聞きたいかたはこちら から

フェリーは往復66ドル、1時間ほどのボランティアガイドツアーが5ドル。

ボランティアガイドツアーはお勧めです。
フェリー乗り場から灯台のある場所まで歩きながら、
途中にある植物、出会う鳥、この島のなりたちまで
いろいろ説明をしてくれます。

船を降りると、こんな風に代表の人が説明をしてくれて、
7~8人ずつほどのグループに分けられ、ガイドさんがつきます。

guide.jpg

フェリー乗り場すぐの場所には、ペンギンの巣があります。

penguin.jpg

8月は出産シーズンとのことで、
卵を抱き抱えるペンギンを観ることが出来ました。
人工的に作った巣の上にガラス窓があり、
卵を抱いている様子を観ることができるのです。
(フラッシュなしを条件に撮影させてもらいました)

penguin2.jpg

森に覆われた、鳥の楽園であるこの島も、1984年までは
酪農が行われていたため、一部の傾斜の激しい場所以外は、
一面、木のない牧草地でした。

1984年から94年の10年間の間に、
何千ものボランティア達により28万本の植林をしたとのこと。

外から持ってきた種ではなく、この島に元々あった種を土から探しだし、
苗を育て、植えたそうです。単に植えていっただけでなく、絶滅の可能性のある
鳥たちを連れてくることをふまえ、それぞれの鳥の習性、鳥同士のなわばりなど
専門家の知識を寄せ集め、何処にどのように、どの木を植えたらいいのかを
考えながら、作っていったとのこと。

今では、30年前までは何もなかったと思えぬほど、
緑豊かな森に覆われた島になっています。

自然は取り戻すことができる、という素晴らしい実現例だと思いました。

つづく

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年8月23日
« 前の記事「80年ぶりの雪」へ
»次の記事「自然エネルギー」 へ
おすすめ記事
    オークランド特派員 新着記事
    畜産国の土台は小学生から  「Agriculture Day」
    ビタミンたっぷり!タマリロ
    紅葉の季節がやってきました
    ワールドマスターズゲーム2017 開催!
    オークランドの秋の味覚 フィジョア
    3月の気候 in オークランド
    オークランドのチョコレート店
    Queen Arcade その2

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オークランド特派員

      オークランド特派員
      渋谷 明子
      2003年にニュージーランドに1年間親子留学し日本に帰国。その後はトラベルコンサルタントとして働きながらも心はNZ。一大決心でNZで調理師の資格を取得し、今年から北オークランドにあるPine Valley B&Bで働き始めました。自然エネルギーで暮らし、無農薬野菜を育てるオーガニックライフの日々から見たオークランドをお伝えします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集