海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ特派員ブログ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


好みもあるので一概には言えませんが、昼飯をワルンで
食べる時、一緒に頼むジュースでよく見かけるのは、
断トツが「エス ジュルック」(みかんジュース)です。
価格によって、店によってシロップだったり生のみかんを
ちゃんと絞っていたりします。
「エス ジュルック」が美味しい店は料理も美味しい
印象があります。

「エス ジュルック」に次いでは、「エス テ」(アイスティー)。
こちらは砂糖入りと砂糖なし「タワール」があり、ちゃんと
最初に行っておかないと、めちゃくちゃ甘い飲み物に愕然とします。
19064_1.jpg

注文数は多くありませんが、甘党に好まれるのがアボガドジュース。
こちらは、チョコレートのシロップを混ぜて出されるのが普通の
スタイルのようです。

ワルンで出される氷は安心ならないとも言われますが、筆者は
今までのところ、お腹を壊したことはありません。


2019年6月14日

できる前から、大掛かりな工事で注目をしていましたが、
デンパサールからクタのサンセット通りに抜けるイマンボンジョール通りに
巨大なショッピングモール「トランス スタジオ モール」がオープンしました。
オープン当初は道路が大混雑をしていましたので、頃合いをみて訪れました。
吹き抜けがあり、天井が高くスケール感があります。
「トランス スタジオ」は他のインドネシアでも有名なテーマパークなのだ
そうなのですが、肝心のジェットコースターはまだ建設中でした。
190611_1.jpg

印象的なキリンのオブジェは写真撮影がマストなようです。
洋品店もありましたが、どちらかというと食事ができる店、
しかも日本料理の系統が多かったように感じました。
190611-2.jpg

地下にはカルフールという名前のスーパーマーケットもあります。
商品数と品数では、他に負けない規模ですね。とにかく何でもあります。
190611-4.jpg

さて、今日の目的はしゃぶしゃぶです。混雑するということなので、
ちょっと早めの時間に店にやってきました。
ビュッフェ形式の食べ放題です。
190611-5.jpg

肉質に応じて4ランクの価格が用意されており、一番安くて
約1400円、一番高い特選和牛が約4000円です。
190611-6.jpg

今回は最初でしたので、様子見でしたから二番目の約1800円の
コースを注文してみました。薄切り肉なので、肉質が変わっても
それほど味は変わらないのかも、と思いつつ、やっぱり高いお肉も
食べてみたいですね。
190611-7.jpg

ランチの時間は若干ですが、価格が安くなります。
ショッピングのついでにいかがでしょうか?


2019年6月11日

インドネシアで最も信仰数が多いと言われるイスラム教の最大行事、
一ヶ月に及ぶ断食の期間が終了しました。
断食明けの日をイドゥールフィトリと呼びますが、この時期に故郷へ
帰省する人も多く、バリ島から他の島へ戻る人で、デンパサールなどは
道路が閑散とします。逆に観光地は大混雑。休みを利用してバリ島に
観光に訪れる国内旅行者が一気に増えるのがこの時期。
普段見慣れない車のナンバープートが増え、大型バスが横行して
渋滞に陥ります。今週は銀行が休みになる他、公共機関も
お休みです。今年は学校の長い休みとも重なるので、長期休暇をとって
日本に帰省する在住日本人も多いようです。

さて、先週は断食の真っ最中とあって、普段は混雑して入れない
ワルンに入ってみました。空港近く、大きな石像がある交差点の
すぐ近くにあるサテカンビンのお店です。
190605_1.jpg

この頃、急にグッと気温が下がる頃があり、鼻風邪をひいている
ローカルが多いです。サテカンビンは体の疲れ等に効果的とも言われて
いるので、風邪をひかないようにがっつりといただきました。
ご飯をお代わりして合計でRp.65,000。
しっかりと脂が乗ったサテは力がついたような気がしました。


2019年6月 5日
2019年5月16日
2019年5月 9日
2019年4月23日
2019年4月22日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集