海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > キンタマーニ高原

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月 4日

キンタマーニ高原


キンタマーニ高原

バリ島に来たら一度は見ておきたい有名な観光地の一つが
キンタマーニ高原です。女性のお客様に「キンタマ ニ に行きますか?」
なんてわざと誤解を与えるような言い方をしてニヤニヤしているという
イタズラなガイドさんもいますが、軽く笑ってあしらいましょう〜。

キンタマーニ高原はデンパサールからも1時間くらい、移動だけでも
時間がかかりますが、壮大なカルデラの景色はなかなかの見物です。
スカスカ・バリ ではホテルのお迎えを朝の8:30にして最初にバロンダンスを
観賞した後にキンタマーニ高原に向かう、という計画もおすすめしています。
kintamani-1.jpg

キンタマーニ高原に到着するのはだいたいお昼頃。他の観光地までは
距離があることもあり、だいたいはキンタマーニ高原でランチになります。
kintamani-2.jpg

キンタマーニ高原には沢山のレストランが並んでいますが、そのほとんどは
インドネシア料理のブッフェ形式です。
kintamani-3.jpg

好きなだけ好きな料理を選べるシステムはついつい欲張ってとりすぎてしまいますネ。
kintamani-4.jpg

インドネシア料理はわりと日本料理にも近く、食べやすい味なのではないかと
思います。醤油味に近いような甘辛い感じですのでお子様でも大丈夫。
海外からのお客様向けに味もマイルドに仕上げてあります。
kintamani-5.jpg

壮大な景色を眺めながらの食事は、想い出になりますよね。
キンタマーニ高原の後はウブドゥ散策や遺跡などの見学など
一日8時間の車のチャーターで見所を回る計画も出来ます。
kintamani-6.jpg

キンタマーニ高原はどちらかというと、ローカルっぽいイメージなので
清潔王国日本から来たお客様の中には,見た目に敬遠される方もいます。
でも、決して不潔にしているわけではないですし、飛び回るハエだって
どんな高級ホテルにでもいるんですよね。

どこまでが許容範囲なのか?あるいはどこまで環境に適応出来るか?
なんてことを試されるのがバリ島なのかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年7月 4日
« 前の記事「お子様も大喜びのエレファント・ライディング!」へ
»次の記事「テガラランのライステラス」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
T-ギャラリア イタリア発ダウンジャケット/モンクレール登場
ベトナム料理NamNam Noodle Bar
サヌール漁師、リニューアルオープン!
サヌールの「東京ラーメンごん太」
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集