海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > エキサイティングなラフティング

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月22日

エキサイティングなラフティング


メール プリント もっと見る

エキサイティングなラフティング

さぁ、日本はこれから夏休み!
お子様も参加出来て家族みんなで楽しいラフティングをご紹介しましょう。
ラフティングはアユン川とトラガワジャ川と二つあります。
アユン川はどちらかというと流れが穏やかかなので初心者向け。
お子様もいらっしゃる場合もアユン川がおすすめです。
今回ご紹介するのはBali Adventure Tours のアユン川ラフテイング
お子様は5歳からご参加になることが出来ます。スカスカ家の子供は
あきなちゃん5歳とアキラ6歳、怖がらずにラフティングを楽しむことは
出来るのでしょうか?
b-rafting-12.jpg

朝の8時前後にお迎えに来てもらい、ラフティングのスタートポイントまで
移動すること約1時間。
ラフティングの時は頭からズブ濡れになるので、着替えが必要です。
川に落ちても足をケガしないよう、脱げないかかと付きのサンダルを
履くことがおすすめです。
b-rafting-1.jpg

ガイドの優しいコマンお兄ちゃんにヘルメットをつけてもらうチビッコ。
気分が盛り上がってきます。チビッコがラフティングを体験するのは初めて。
b-rafting-2.jpg

準備も整ったことだし、それでは行って来まーす!
b-rafting-3.jpg

ボートに乗り込みました。ワクワクです。
b-rafting-4.jpg

「前こぎ〜、頑張って〜アリガトウ〜」のコマン兄ちゃんのかけ声で
大人チームは必死でオールを動かしますが、それほどキツイってわけ
ではなく、自然の川の流れに任せて楽しんでいるって感じです。
b-rafting-5.jpg

ママのジャケットにしっかりしがみついているあきなちゃんですが、
表情を覗き込むと意外や余裕です。ちょっと流れがある岩場では
おっかなびっくりだったけど、自分でうまくバランスをとって
ニコニコしています。なーんだ、大丈夫じゃん。
b-rafting-6.jpg

途中に岩肌に見事な彫刻が施しているポイントではみんなで
記念撮影しました。自然の中に調和したバリ島の神様の彫刻が
なんともエキゾチックでしたヨ。
b-rafting-7.jpg

途中、滝があるところで休憩をしますが、みんなで頭からザーブン〜!!!
と水をかぶって遊びました。冷たかったよ。
b-rafting-8.jpg

周囲の渓谷の美しい景色を堪能出来て素晴らしかったけど、
うっかりしていると他のチームのボートから水が飛んできます。
時には水掛けごっこになってしまうのですが、なんだか童心に
帰ってしまったらしく夢中で水をすくっていました。
b-rafting-9.jpg

長かったラフティングの旅もそろそろ終わり。
最後はジャケットの浮力を利用して川を流れて行きました。
楽しかったね〜。
アキラは自分でオールをこいでみたのがとっても楽しい想い出に
なったみたいです。やっぱり男の子ですねちょっと自慢げな顔が
忘れられません。

あきなちゃんも最後までちゃんと頑張りましたよ。
「あきなはさぁ〜あんまりラフティングは好きじゃないよ」なんて
言い出すかと思いましたが、彼女なりに楽しんでいたようです。
b-rafting-10.jpg

ラフティングが終わったら更衣室に直行。
温水シャワーが嬉しいですね。
気がついたらお腹がペコペコです。
食事はビュッフェ形式のインドネシア料理等。
カメラマンさんが撮影していたビデオを観賞しながら
お腹いっぱいお昼をいただきました。
レストランの目前に広がるライステラスの景色も素晴らしかったです。
b-rafting-11.jpg

いかがでしたか?
興奮の連続!!美しい景色の中を下っていくのが気持ちイイ〜。
途中は鳥の姿を追ったり、トンボがボートに止まってきたりと
自然いっぱいの体験でした。たまにはこうして自然の中で
胸にいっぱい空気を吸って深呼吸するのも悪くないですよね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2008年7月22日
« 前の記事「エス・チャンプル」へ
»次の記事「イルカと泳げるホテル」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    タイヤがパンクしました
    歯の詰め物が取れた!
    バリハイ・サンセットディナークルーズ!!
    とにかく大渋滞
    初めてみた採青(ツァイチン)の様子
    チャイニーズニューイヤー/アグン山の警戒レベルも下がっています
    デンパサール・ルノン地域 ねこぽぽ居酒屋
    海上高速道路TOLの料金が少し値上げ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集