海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 日曜日のサヌールビーチ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月 4日

日曜日のサヌールビーチ


日曜日のサヌールビーチ

賑やかなクタビーチに比べると地味で静かな印象の
サヌールビーチですが、それは東向きということが
多いに関係しているかもしれませんね。
やはり夕日がないとダメなのか???
でも、そんなサヌールビーチだからしつこい物売りなども
少なくてファミリーにはオススメの宿泊地域です。
sanurbeach-1.jpg

グランドバリビーチ・ホテルがある辺りからプリサントリアンホテルが
あるスマワンビーチあたりまではずっと遊歩道があり、朝の散歩には
最適です。写真の風景はプリサントリアン・ホテルの近くのスマワン
ビーチ付近の様子です。
日曜日のローカルの人々の過ごし方。
1.スーパーマーケットをブラブラ。
2.ビーチでノンビリという感じで、バリ島は観光地なんだけどお客様が
行くようなところにはワザワザ行きません。
sanurbeach-2.jpg

ビーチでは水着ではなく洋服でそのまま海に入っています。
海の家などの脱衣所やシャワーがあるわけでなく、海で
濡れた洋服のままオ−トバイに乗って帰って行きます。
女性は肌を露出するのが恥ずかしいというのも
理由になっているようですネ。バリ人女性が堂々と水着で泳いで
いる人は未だに見たことがないです。
(注:外国人の夫を持ち、いわゆるホテル専用ビーチなどでは
たまにいらっしゃいます)
sanurbeach-3.jpg

サヌールビーチの沖合は珊瑚礁になっており、砂浜の砂が
白く、貝殻がいっぱい落ちているのでお子様は大喜び!
sanurbeach-4.jpg

ローカルの人達は日本で言ったら春巻き「ロンピア」が大好き!
売り子さんから買っておやつ代わりに食べています。
他にもつみれ団子の「バクソ」やらの売り子さんがいますが
衛生面を考えたら、海外からのお客様はちょっと遠慮した
方がいいかもしれません。
sanurbeach-5.jpg

今まで紹介した写真だけを見ると、サヌールビーチがまるで
ローカルの人達の為のビーチのように見えてしまうかも
しれませんが、ホテルの前のビーチなどはビーチパラソルが
立ち並び、すっかりリゾートエリアになっており、そこに
いるのは海外からのお客様だけです。
sanurbeach-6.jpg

エリアが区分けされているわけではないけれど、ローカルの
人達もその辺はなんとなく認識しており、お互いの領域に
立ち入らないようにしているようです。
海が美しくて遠浅なサヌールビーチ。ご家族で海水浴を
楽しみたい方にはピッタリのロケーションと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年8月 4日
« 前の記事「リゾートインテリア「マニス」」へ
»次の記事「ジンバランビーチのシーフードBBQ」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    魅惑のコモド特集2/コモドドラゴン
    魅惑のコモド特集1/ラブアンバジョーから出発!
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集