海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > グヌン・カウィの遺跡

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月15日

グヌン・カウィの遺跡


メール プリント もっと見る

グヌン・カウィの遺跡

グヌン・カウィは11世紀の遺跡。
ウブドゥの中心地からは車で約30分のところにあります。
写真の中の男性と比べても分かる通り、かなり大きな遺跡です。
岩肌に彫られた高さ7メートルのチャンディーに圧倒されます。
gunung-kawi-1.jpg

グヌン・カウィの遺跡は、入り口から数段続く階段をひたすら
おりてゆかなければなりません。敷地内にはお寺もあるので
途中では腰巻きをつけてもらう必要もあります。
チャンディと呼ばれる記念碑の他にも厚い岩肌をくりぬいた
仏教僧の修業庵もあり、中に入ることも出来ます。
gunung-kawi-2.jpg

この遺跡、あんまりパッケージツアーなどで紹介されていないと
思いませんか?これだけの規模だもの見る価値は充分なのに?
それはこの辛い上り階段のせいだと思うのです。
案内するガイドさんだってゼイゼイと息があがってしまいます。
「行はヨイヨイ帰りはこわい〜〜?」
gunung-kawi-3.jpg

普段の運動不足がたたって、なかなか階段を上ることが出来ません。
それでも、この素晴らしい遺跡は見ておく価値があると思います。
ウブドゥ周辺のお寺などの観光とあわせてルートに組み込むといいと
思います。
あるいはこの後、北上してキンタマーニ高原を観光してもいいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年8月15日
« 前の記事「ジンバランビーチのシーフードBBQ」へ
»次の記事「ウブドゥのアヤム・チャンプル」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集