海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の結婚式

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年10月25日

バリ人の結婚式


バリ人の結婚式

田舎のテジャクラというところで親戚の結婚式がありました。
バリの人は家庭を持って、子供を持てば一人前と言われて
いまして、家族単位での絆の強さは格別なものがあります。
artamu-1.jpg

結婚の日取りは最も縁起が良い日が選ばれます。
日本のように安いから仏滅でもいっか!なんてことはあり得ません。
儀式に最適な日が選ばれると、まずは新郎側の家族がそろって
新婦側の家に出向いて、お嫁さんを迎えにいきます。

新婦側でも親戚一同が待機していて、形式的な挨拶と相互の
家族での嫁入りの話し合いがもたれます。宗教の長、村の長
慣習の長などが村から同席して、二人の結婚を認めます。
新婦は村から出て、新しいテジャクラ村に入ることになるので
村の台帳のようなものにサインをします。
artamu-2.jpg

それが無事に終わると、新婦の家のサンガッ(家族お寺)で
新郎側と一緒に来たお坊さんに祈りを捧げてもらいます。
代々続く、ご先祖様に今からここを出ますと報告するという
意味なのだそうです。

この一連のことが終わるまで、朝8時に出発して午後の1時まで
かかりました。
artamu-3.jpg

さて、無事にお嫁さんのお迎えが終わって、今度は新郎側の家に戻り
また結婚の儀式が始まります。最後はやはりサンガッ(家族お寺)で
今度は新しく家族が増えたことを報告です。

結婚式の儀式を行うためにはバリ人として必要な儀式をすべて
終えていなければなりません。生まれてからの三ヶ月、六ヶ月、
成人式(歯切り式)です。ワタシは日本人でしたので、まずは
ヒンドゥー経に入信して、それからもろもろの儀式も行わなければ
なりませんでした。しかもたった一日で!!!

なにがなんだかわからない状態での儀式は非常に辛かった記憶が
あります。しかも歯切り式ってシンボリックなものだから大丈夫と
聞いていたのに、かなり激しく歯を削られショック!
artamu-6.jpg

結婚式が終わってやれやれですが、絶え間なくお祝いに訪れる
お客さんの相手もしなければなりません。お客さんは器にお米、
砂糖、お菓子などを入れて持ってきてくれます。
だいたい夜の9時くらいまでずっとお客様が絶えません。
お菓子を振る舞ったり、おしゃべりの相手をしたりで一日が
終わる頃にはへとへとになっています。

これがバリ人の通過儀式なんですよね!!
artamu-5.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年10月25日
« 前の記事「ヘルシーなスパ・カフェ」へ
»次の記事「魚の美味いワルン」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    魅惑のコモド特集1/ラブアンバジョーから出発!
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品
    バロンクッキーがT-ギャラリアで買える!

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集