海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ボロブドゥールツアー/その3 王宮クラトン

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年2月 4日

ボロブドゥールツアー/その3 王宮クラトン


メール プリント もっと見る

ボロブドゥールツアー/その3 王宮クラトン

ボロブドゥールの見所はボロブドゥール寺院とプランバナン寺院
の二つが特に有名ですが、旅行会社のルートによっては遺跡や
この王宮クラトンが追加されます。
kraton-1.jpg

歴史などに興味がある方は面白いかも?
この王宮は1756年に建築され、当時のジャワ建築の随を極めた
「ニュー」で「ホット」な王侯の自慢の王宮だったに違いありません。
建築そのものの技術はつたないのですが、派手な色使いなどが
当時の栄光を物語っているように感じます。
kraton-2.jpg

内部の装飾も凝りまくっている感じがあります。
黄色いぶら下がっているのはシャンデリアですって。
ちゃんとお金払って見に来ているんだから、隠すな!!
kraton-3.jpg

時代を感じされる街路灯なんですが・・・。
よく見ると中央部分に人の顔が突き出ていてコワイ!!
kraton-4.jpg

壁にかかっている装飾など、細かいところに注目すると
それなりに楽しめるかもしれません。
kraton-5.jpg

ガラス張りの展示室。さすが王侯の収集品を集めただけ
あるわね!と思わせる派手な作りです
kraton-6.jpg

こちらのシャンデリアもなかなか見事でした。
王様、はぶりが良かったんですね!!
kraton-7.jpg

王様の集めた収集品が展示されています。
集められた品々を見ると、その当時にしては相当の金持ちで
あったことが想像出来ます。
kraton-8.jpg

ジャワの民族衣装を着たおじいちゃんがいますが
れっきとした「武士」なのだそう。
ワタシ的には一番印象に残るおじいちゃん達でした。
kraton-9.jpg

王様の勲章
本物の勲章を見たのが始めてかも〜〜。
kraton-10.jpg

外に出たら「ベチャ」が並んでいました。
これはバリ島にはありません。自転車で引っ張る簡易乗り物です。
年配のドライバーが多かったので、乗るのは気が引けますが・・・。
kraton-11.jpg

そんなわけで、王宮クダトンいかがでしたでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年2月 4日
« 前の記事「ボロブドゥールツアー/その2 プランバナン」へ
»次の記事「ボロブドゥールツアー/その4 アマンジオ」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    タイヤがパンクしました
    歯の詰め物が取れた!
    バリハイ・サンセットディナークルーズ!!
    とにかく大渋滞
    初めてみた採青(ツァイチン)の様子
    チャイニーズニューイヤー/アグン山の警戒レベルも下がっています
    デンパサール・ルノン地域 ねこぽぽ居酒屋
    海上高速道路TOLの料金が少し値上げ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集