海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ガルンガン祭り

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年3月23日

ガルンガン祭り


ガルンガン祭り

日本では日常ではないけど、バリ島では宗教行事はほぼ
日常のこととして伝統が守られています。
とりわけ、この三月に行われるガルンガン祭りはヒンドゥー教の
儀式の中でも大きな宗教行事になります。
galungan09-1.jpg

ガルンガン祭りは日本の行事に例えるなら「お盆」に似ています。
ガルンガン祭りにご先祖様が現世界に戻ってきて、10日後の
クニンガンの日にはまた天へと戻って行きます。
そのご先祖様の目印になると言われたりもするペンジュール。
ペンジョールは各家の軒先に並びますが、ガルンガン祭りの前日の
「プナンパハン」という日に男性達が手作りします。
galungan09-2.jpg

女性達の仕事はお供え作り、大小様々のお供えが数多く作られます。
バリ人の家には、家族の為のミニお寺(サンガッまたはスリヤと呼ばれる)
そして敷地の神様(ジュルッ グデ)など重要なお供え場所があり
我が家では総数12カ所もあります。
そのそれぞれにお供えを捧げ、お祈りをするんです。
galungan09-3.jpg

ガルンガン祭りの当日は、朝起きたらまずは身体を清めて各所に
お祈りをします。家の中だけではなく、故郷の各お寺を一日かけて
回ることもあります。
galungan09-4.jpg

その様子はニュースフロムバリ でも掲載されていますので、ご覧に
なってみてくださいね。

さて、ガルンガン祭りが終わったかと思ったら、一週間後には
ニュピが巡ってきます。バリ歴は西暦と違い微妙に毎年行事の日程が
ずれるのですが、今年は見事に大きな行事が重なってしまったようです。
ニュピとはバリ島フリークの方ならご存知かと思いますが
一年の汚れを浄化して新年を迎えるため、丸一日なにもしては
ならず、海外からの観光客といえどもホテルの外に出ることも出来ません。
ホテルによっては室内の点灯が許されるところもありますが
基本的には一日だけ明かりも灯さずに闇を受け入れる日になります。

バリ島が闇に包まれるニュピで過ごすのも貴重な体験になるかも
しれませんね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年3月23日
« 前の記事「ボロブドゥールツアー/その7 バティックショップ」へ
»次の記事「象の赤ちゃんが生まれました!」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    サヌールにオープンMimpi Manis
    日清の激辛ラーメン
    バリ島初!UNIQLOオープン!
    GWKカルチュラルパーク
    素敵な週末をリンバ内ユニーク ルーフトップバー&レストランで
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/TAKE Restaurant
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集