海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > イブオカのバビグリン

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月28日

イブオカのバビグリン


メール プリント もっと見る

イブオカのバビグリン

バリ人も大好きな食べ物が「バビ・グリン」です。
儀式やお寺の祭事でもお供えとして捧げられますが
丸ごと一匹の豚をじっくりと丸焼きしたのがバビグリンです。
そのバブグリンが美味しいと評判なのがウブドゥの
イブオカというワルン。
ibuoka-1.jpg

場所はウブドゥ王宮の斜め向かいで、お昼の11時くらいから
お客様でごった返しています。お客さんが多い時には午後3時
には閉店ということもしばしばあります。
ibuoka-2.jpg

店先にビーチパラソルを広げた椅子の席、奥には座敷とテーブルが
並んでいるので、適当に飽いているところに座ります。
お店の人に飲み物の希望を言って、バビグリンの数を注文すれば
テキパキと運んできてくれます。
ガイドブックなどで紹介されてから海外のお客様も増えたので
お店も人も慣れたもの。そして値段も2008年には25000ルピアと
値上げしてしまったので、地元の人も割合が減ったと思います。
ibuoka-3.jpg

それにしても大人気。丸焼きでふっくらと焼かれた豚の肉と
パリッと焼かれた豚の皮、そしてスパイシーな調味料のバランスが
絶妙です。ローカルワルンで他にいくらでもバビグリンのお店は
ありますが、お肉の量と柔らかさがダントツ美味しいのです。
「ブンクス」持ち帰りにするお客さんも大勢。
食べ終わったらレジで申告してください。
ibuoka-4.jpg

スパイシーな味が大好きだったらきっとハマルはずです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年4月28日
« 前の記事「カテゴリー分けを変えてみました」へ
»次の記事「バリ島・インフルエンザA 情報1」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    バリハイ・サンセットディナークルーズ!!
    とにかく大渋滞
    初めてみた採青(ツァイチン)の様子
    チャイニーズニューイヤー/アグン山の警戒レベルも下がっています
    デンパサール・ルノン地域 ねこぽぽ居酒屋
    海上高速道路TOLの料金が少し値上げ
    やっと無糖のお茶が買えるようになりました
    ジャカルタ訪問記3

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集