海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ島・インフルエンザA 情報1

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月 1日

バリ島・インフルエンザA 情報1


バリ島・インフルエンザA 情報1

バリ島でも日本のニュースはネットで毎日見ているので
ここ数日の豚のインフルエンザ (新型インフルエンザA)について
世界中で大騒ぎになっていることは知っています。もちろん現地の
人も話題にはなっていますが、自分達がインフルエンザにかかるか
ということに対しては、実感がないというか、心配はあんまりして
いない様子です。
sunset.jpg

それよりもバリ島は観光地なので、これでまたお客様のキャンセルなども出る
かもしれないという懸念。実際、弊社でも会社から海外旅行禁止
命令が出たということで、本日早速キャンセルが一件ありました。
バリ島は世界中からお客様がいらっしゃるので、ウィルスが持ち込まれない
ように空港では下記の措置がとられたようです。

バリ国際空港管理会社である"PT. Angkasa Pura Bandara Ngurah Rai Bali"は、
最大警戒態勢に入った。
鳥インフルエンザ、シンガポール・インフルエンザ、そして今回の豚インフルエンザ
対策として、バリ島の国際線から入国するVIP客も含めたすべての乗員乗客に対し、
サーマル・スキャナー(体温検査)の実施が義務付けられた。

4月30日付けインドネシア・ホテル&レストラン協会バリ支部の調査によると、
豚インフルエンザによる外国人旅行者の減少はまだ発生していない。
協会の分析では、豚インフルエンザ、世界経済危機の最中にもかかわらず、
旅行者動向は堅調であり、バリ島の現在のホテルの宿泊率は平均で
50−60%を維持している。

インドネシア政府は4月30日、世界保健機関(WHO)が
インフルエンザの世界的な大流行(パンデミック)発生危険度を
4から5に引き上げたことを受け、メキシコへの渡航警告を発出した。

グラライ国際空港保健局はサンラー病院に続き、空港内にも
豚インフルエンザ感染を疑われた乗客用の特別ルームを用意する。
この特別ルームは国際空港到着エリア内に用意され、
そのうちの1つは空港保健局に置かれるそうである。

「この特別ルームには2人の医師と8人の看護師が3シフト体制
で勤務に当たる。また、すでに専用の救急車が用意されており、
陽性と判断された乗客は速やかにサンラー病院に搬送され隔離
されるシステムとなっている」
と、空港保健局長であるNyoman Murtiyasa氏が語った。

5月1日付けのニュースでシティ保健相は、これまでのところ
豚インフルエンザによる致死率は6%程度にとどまっており、
インドネシア国内での高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)
の致死率80%に比べて非常に低いと指摘。
国内では十分な訓練ができているとして、十分か警戒は必要なものの、
恐れることはないと述べています。

この鳥インフルエンザに関しても現地ではそれほど恐れるというか
心配はしていませんでした。日本はニュースが早いというか、こんなに
騒ぎ立ててパニックにならないんだろうか?と逆に思ってしまいます。

正しい情報を待って適切な行動をとるしかないですね。
また、新しい情報があったらアップします。
最近のバリ島は雨期が過ぎ去って雨も降らず暑い毎日です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2009年5月 1日
« 前の記事「イブオカのバビグリン」へ
»次の記事「サヌールのナシチャンプル/ワルン・ブデ」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    魅惑のコモド特集1/ラブアンバジョーから出発!
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品
    バロンクッキーがT-ギャラリアで買える!

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集