海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > エピローグ/バリ人の葬儀

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月 2日

エピローグ/バリ人の葬儀


メール プリント もっと見る

エピローグ/バリ人の葬儀

バリ人の葬儀についてをレポートしてみたいと思います。
通常ガベンと呼ばれる火葬式のみが知られていますが、実は
もっと奥が深かった!
ngaben2-8.jpg

地方によってその儀式のやり方と種類は違うのだそうですが、
今回のテジャクラ村のスカスカ家・カユスラム一族が古くから残る
ロンタル文書に法って行ったのは次の手順です。
ちなみにスカスカ家の階級はスードラ。

1.ガベン (ngaben)
2.ムカリユ・バクティ (mekarye bakti)
3.ガントゥガン (ngantukang)
4.ムガジャル・アジャル (meajar-ajar)

の順番です。通常は1.3.4.のみの場合もあるそうです。
2の呼び方も南部地域ではマムクル(mamukur)と呼び方が違うそうです。

なんとなく理解したよう気になっていますが、大雑把に言うと、バリ人の
葬儀ではまずはガベンと言われる肉体のために儀式があります。元々
ヒンドゥー教の教えではパンチャ・マハブタという人間は5つの要素から
作られたと考えられていますがガベンという儀式をを行うことによって、
人間の身体を元に戻すということなのだそうです。

テジャクラ村のカユスラム一族はガベンの後にムカリユ・バクティという
魂のための儀式をまた作りました。ムカリユは仕事を作る、バクティは
儀式という意味だそうです。魂のための儀式を終えた後にガントゥガン
と呼ばれる儀式が行われますが、その意味は男を男に戻す、女を女に
戻す、ネガティブはネガティブにポジティブはポジティブに元あるべき
ものに昇華させる儀式なのだそうです。
このあたりはもっとヒンドゥー教を勉強しないと深い意味がわかりません。

そしてそれを終えてやっとムガジャル・アジャルを行うことが出来ます。
一族にゆかりのあるお寺を巡りますが、亡くなった魂が昇華されたことを
報告したり、あるいは新しい魂がお寺に挨拶回りをするといったら
イメージが出来るかもしれません。ちゃんとムガジャル・アジャルまでを終えて
初めて魂が天に召されるのだそうです。
ヒンドゥー教は5つの信じる物があり、それはパンチャ・スラダと呼ばれますが
1.神様、2.魂、3.行い、4.再生、5.神様と魂が一体となることなんだそうです。
その最終過程がバリ人の葬儀なのかもしれませんね。

しかし・・・そんなこと、ちっとも知らなかった!!
ガベンだけで完結していると思ったのに・・・。
ガベンに関する情報は
ウブドゥ通信「火葬儀礼」http://www.apa-info.com/kasousiki.htmlなども
参考にさせていただきました。難しいのは地方によって、あるいは時代に
よって様々な事物の呼び方なども違ったり、あるいは階級によっても違うという点。
今回の義理のお父さんのガベンは9世紀のやりかたを模倣したものなんだそうです。
でも、どの地方の?というとこまではツッコンで質問してもわかりませんでした。

バリ人に質問しても細かい点については知らないらしく
(例:このお供えの意味は?とか)徹底的に知りたかったらお坊さんに
質問するしかないだろう、と言われてしまいました。
例えばお葬式を「ガベン」と言っていますが、これはスードラ階層
だったらガベンでトリワンサ階層(プダンダ、クシャトリア、ウエシャ)
では「プレボン(plebon)」と 呼ばれるそうです。あぁ〜ややこしい。


それではワタシが体験したことを写真と共にご紹介していきましょう。
ヒンドゥー教に興味がない場合は、退屈かもしれませんがお付き合いください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月 2日
« 前の記事「タナロット寺院の夕日」へ
»次の記事「バリ人の葬儀/ガベン1」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ネカ美術館
    ヌリズワルンのスペアリブ
    田舎のブタ
    コピ バリ ハウス
    J.Coのドーナッツ
    ガルンガン祭り
    子供が便秘になったら
    クタビーチでサーフィン
    ペピット・スーパーマーケット
    ウブドゥのアヤム・チャンプル
    グヌン・カウィの遺跡
    ジンバランビーチのシーフードBBQ
    日曜日のサヌールビーチ
    リゾートインテリア「マニス」

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集