海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の葬儀/ガベン1

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月 4日

バリ人の葬儀/ガベン1


バリ人の葬儀/ガベン1

テジャクラのガベンについて
ngaben2-8.jpg

ガベンを行ったのは昨年のことでした。本当はガベンの後にすぐ次の行程を
行ってもよいそうですが、今回は大勢の人との合同儀式でしたので、準備
にも時間がかかり、ガベン後の行程は1年後の2009年8月となりました。

2008年3月30日の未明に亡くなった義理のお父さんのガベン(お葬式)
の日がついにやってきました。10日間前くらいから田舎に帰って
準備する家族達。2008年7月19日のガベン当日はクライマックスと
いうわけです。ヒンドゥー教のお葬式のことなんて、なにがなんだか
サッパリわからないワタシですが、見たコトをそのまま実況中継する
しかないですね。

18日の夕方にテジャクラに到着して、マンディーして着替えたら、
ムラジャン(一族のお寺)のふもとの会場に直行。
夜まで時を過ごしました。
時間的に何時までいなくてはいけないとかの決まりはないそうです。
気持ちでずっと死者の側に居続ける。
日本で言ったら「お通夜」みたいなものでしょうか。

翌朝は6時に早起きしてマンディー。
7時には会場に到着して準備が整うのを待っていました。
結局お供え等を配り始めたのは午前9時。
全ての人がメインストリートに集合して、行列が行進を始めたのは午前10時。
ビーチに全ての行列が到着したのが午後12時30分。
そしてガベンが終わったのは夕方の5時でした。

いや〜〜バリ人にとって人生最大の儀式とは聞いていましたが、
やはりすごかったです。

ワダー(WADAH)遺体運搬用の塔型棺
もっと背が高いものはバデ(BADE) とも言うらしいです
昔は階級によって呼び方を使い分けていたみたいですね
ngaben-1.jpg


ジャンガワリ(JANGGA WARI)プスパを置くための台
灰になった骨片(シンボル)の一部を、家族が石臼ですりつぶし、
プスパ(puspa)と呼ばれる椰子の若い実でつくられた容器に納める
ngaben-2.jpg


ルンブー(LEMBU)遺体火葬用の黒牛型棺
総称してプトゥランガン(Petulangan) と呼ばれる
黒牛型棺は貴族階級が使っていたそう
今回、二台用意されたのは男性用と女性用だそうです
ngaben-3.jpg


ムラジャンという一族のお寺のふもとに設置された
スカー(SEKAH) という死者の魂のシンボル
ngaben-4.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月 4日
« 前の記事「エピローグ/バリ人の葬儀」へ
»次の記事「バリ人の葬儀/ガベン2」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/七人の鳥侍
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Cafe Moonlight
    カシイブ総合病院 サバ分院にBALI DENTAL & IMPLANTS CENTREオープン!
    ついに空港周囲の渋滞解決?立体交差が開通しました
    魚のストックはI am "be" U
    空港でビアードパパを購入
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ネカ美術館
    ヌリズワルンのスペアリブ
    田舎のブタ
    コピ バリ ハウス
    J.Coのドーナッツ
    ガルンガン祭り
    子供が便秘になったら
    クタビーチでサーフィン
    ペピット・スーパーマーケット
    ウブドゥのアヤム・チャンプル
    グヌン・カウィの遺跡
    ジンバランビーチのシーフードBBQ
    日曜日のサヌールビーチ
    リゾートインテリア「マニス」

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集