海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の葬儀/ガベン3

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月 8日

バリ人の葬儀/ガベン3


メール プリント もっと見る

バリ人の葬儀/ガベン3

行進を待つ人々。ずいぶん長い行列が出来上がっています
全ての葬儀に関わるシンボルが揃うまで道路脇で待機
ngaben1-6.jpg

昔は貴族階級しか使うことが出来なかったというルンブー(遺体火葬用の牛型棺)ですが
最近は階級に関係なく使われているみたいですね。
遺体火葬用の棺桶を総称してプトゥランガン(Petulangan)と呼ぶのだそうです
ngaben1-7.jpg


お兄ちゃんの説明によるとこれくらいの高さの遺体運搬用の塔型棺を
ワダー(WADAH)と呼び、もっと背が高いのはバデ(BADE)なんだそう
ngaben1-8.jpg


本物の遺体ではなくお墓から掘り起こした遺体のシンボルの
プングラグ(PENGERAGA)をワダーの中に乗せて行きます
ngaben1-9.jpg


36名分の遺体のシンボルだそうです
ワダーには長男と末っ子が乗ることになるのだそうです。
ngaben1-10.jpg


ワダーを引っ張る為の白い布と紐がつけられました
ngaben1-11.jpg


紐をひっぱるのは親族一同になります
ワタシも一番前の方で紐を引くことになりました
ngaben1-12.jpg


このお化粧をした奇妙な人は遺体に取り憑こうとする悪霊を
追い払う役目なんだそうです
特に名前はなくてPENGUSIR ROH JAHAT ですって
ngaben1-13.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月 8日
« 前の記事「バリ人の葬儀/ガベン2」へ
»次の記事「バリ人の葬儀/ガベン4」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ネカ美術館
    ヌリズワルンのスペアリブ
    田舎のブタ
    コピ バリ ハウス
    J.Coのドーナッツ
    ガルンガン祭り
    子供が便秘になったら
    クタビーチでサーフィン
    ペピット・スーパーマーケット
    ウブドゥのアヤム・チャンプル
    グヌン・カウィの遺跡
    ジンバランビーチのシーフードBBQ
    日曜日のサヌールビーチ
    リゾートインテリア「マニス」

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集