海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル1

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月16日

バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル1


メール プリント もっと見る

バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル1

2009年8月に行われたガベンの後のプロセス、ムカリユ・バクティ、
ガントゥガン、ムガジャル・アジャルですが、ワタシが体験したのは
ムガジャル・アジャルだけになります。
写真はご神体というのか、ダネと呼ばれますが、魂を具象化したもので
男女対になっています。最後にはプリンギッと言われるムラジャンの
下に埋められるのだそうです。
ngantukang-1.jpg

朝の2時30分に起きてマンディー、そして4時にはムラジャンに集合して
出発のお祈り?です。
ngantukang-2.jpg


空が朝日で染まってとてもきれいでした。
こんなに早く起きたかいがあったかも。しかし眠いです。
テジャクラ村のカユスラム一族は大型バス4台、乗用車25台で
出発です。え〜、こんなに大掛かりなことだったの?とビックリ。
ngantukang-3.jpg


プラ・ダラム・プリ(pura dalem puri)に到着。一泊二日で18ものお寺を
お参りするんですって。本当に全部回れるんでしょうか?
ngantukang-4.jpg

まだまだ余裕の表情。お寺巡りのハイライトはルンプヤン(lempuyang)
と呼ばれる山の頂上にあるお寺に参拝すること。なんでも6時間かけて
山登りをするんですって!!
ngantukang-5.jpg


魂のシンボルがお寺を三周まわります。長く白い布を頭上にかかげてその下を
歩いています。きっと意味があるんだろうけど、わからなーい。
ngantukang-6.jpg


そういえば、ガベンの時も白い布のしたを歩きましたっけ。
こんな調子で次々とお寺巡りをしますが、次はブサキ寺院の中にある
一族のお寺に参拝です。
ngantukang-7.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月16日
« 前の記事「バリ人の葬儀/ガベン6」へ
»次の記事「バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル2:ブサキ寺院」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    サンバルマタが美味しいワルン MY WARUNG
    中華風のタミ ゴレン
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ネカ美術館
    ヌリズワルンのスペアリブ
    田舎のブタ
    コピ バリ ハウス
    J.Coのドーナッツ
    ガルンガン祭り
    子供が便秘になったら
    クタビーチでサーフィン
    ペピット・スーパーマーケット
    ウブドゥのアヤム・チャンプル
    グヌン・カウィの遺跡
    ジンバランビーチのシーフードBBQ
    日曜日のサヌールビーチ
    リゾートインテリア「マニス」

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集