海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル2:ブサキ寺院

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月18日

バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル2:ブサキ寺院


メール プリント もっと見る

バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル2:ブサキ寺院

ブサキ寺院はお寺の集合体でして、我が一族がお参りしたのは
プラ・ラトゥ・パスッ(pura ratu pasek)
プラ・プダルマン・パスッ・カユスラム(pura pedarman pasek kayuselam)
プラ・プナタラン・アグン(pura penataran agung)
という3つのお寺です。
besakih-1.jpg

ブサキ寺院の境内に向います。お参りなのでうるさい物売りも
いないし、自称ガイドももちろん付いてきません。
なんか、快適〜!こうしてお寺内に入ってこそブサキ寺院の
内部見学が出来るってもんですね。
besakih-2.jpg

メルーの規模と言い、さすがバリ島の寺院の総本山だけあるというか
風格が違いますね〜
besakih-3.jpg


右下の屋根の下にブサキ寺院のジェロマンクとテジャクラ村の
ジェロマンクがマントラを唱えています。チリチリチリという
バジュラサンディの音が周囲の空気を浄化するかのようです。
besakih-4.jpg


ワタシは・・というと、なんちゃってヒンドゥー教なのでお祈りは
するけど興味が先に立ってあちこちキョロキョロ。まぁ、素敵な
ゴールドの装飾ね、なんて写真をパチリ。
besakih-5.jpg


日差しを避けて日陰に集まってすわる人々。なんか可笑しいね。
besakih-6.jpg

横ではノンビリとワンコが昼寝しています。捧げられたお供えを狙って
いるんですよね。見事に鶏肉をゲットしていたワンコもいました。
besakih-7.jpg


祈りを終えて移動する魂のシンボルです
besakih-8.jpg


せっかくだから家族で記念撮影〜、みんな緊張感があるのかないのか
けっこうリラックスしたムードなんですよね。
besakih-9.jpg


我が息子も日傘?を持たせてもらいました。
結構似合っているじゃない?
besakih-10.jpg

次はキンタマーニ高原のウルンダヌ・バトゥール寺院に向います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月18日
« 前の記事「バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル1」へ
»次の記事「バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル3:ウルンダヌ バトゥール寺院」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ネカ美術館
    ヌリズワルンのスペアリブ
    田舎のブタ
    コピ バリ ハウス
    J.Coのドーナッツ
    ガルンガン祭り
    子供が便秘になったら
    クタビーチでサーフィン
    ペピット・スーパーマーケット
    ウブドゥのアヤム・チャンプル
    グヌン・カウィの遺跡
    ジンバランビーチのシーフードBBQ
    日曜日のサヌールビーチ
    リゾートインテリア「マニス」

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集