海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル6:ルンプヤン

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月26日

バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル6:ルンプヤン


バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル6:ルンプヤン

バリ人にとって元も重要な聖地だと言われるルンプヤン
海抜2700メートルもの高さに位置するお寺をお参りします。
lempuyang-1.jpg

麓の駐車場からしてこの高さ。いや〜絶景かな、絶景かな。
lempuyang-2.jpg

割れ門から遥か彼方に見える山を写してみました。
こんなに風景が美しいなんて心配が吹っ飛んでワクワク気分に
なってきました。ゲンキンですね。
lempuyang-3.jpg

まずはこう配のきつい上り坂からスタート。
この時点では我が家の娘6歳は「疲れた〜」なんて文句を言っていました。
lempuyang-4.jpg

なにしろ式服ですから、出来るだけ身軽にしかも窮屈でないようにと
コルセットはなし。歩きやすいようにビーチサンダルで挑戦です。
階段や急勾配のコンビネーション。
lempuyang-5.jpg


覚悟してたけど、それほど登りはキツクなくむしろ楽しい気分になってきました。
景色は素晴らしくきれいだし、回りの草花を観察したり、なんども休憩して
お菓子を頬張ったり。物売りが一緒に付いて来てナイスタイミングで待っているんです。
そろそろこの辺で休憩というところで絶妙に待機しているからついついドリンクやら
お菓子やらを買ってしまいます。
lempuyang-6.jpg


頂上まで行く途中にもいくつかのお寺があり、それらを一つ一つ
参拝しながら山登りです。
lempuyang-7.jpg

野生のサルが出没してきました。ウルワトゥ寺院のサルよりはいたずらではない
ようですが、やっぱり持っている食べ物を狙われている気がします。
lempuyang-8.jpg

えっちらおっちら、子供達は心配していたけど、ワタシよりもよっぽど元気に
山を登って行きます。途中野生のストロベリーを見つけて食べたりして
楽しくって仕方がない様子。
lempuyang-9.jpg


そしてやっと頂上のお寺に到着しました。あんなに遠くに見えていたところまで
上って来てしまったんですね〜。感無量とはこのこと。
標高があるせいか、うっすらと霧がかかっています。下から見たら雲の中ですね。
lempuyang-10.jpg


ルンプヤンまで到着してお祈りするみんなの表情もやりとげた〜って
感じだったでしょうか。
lempuyang-11.jpg


バリ人にとってもルンプヤンまでお祈りする機会は一生のうちでも滅多にない
のだそうです。最後にみんなこぞって聖水をもらっていました。
lempuyang-12.jpg


魂のシンボルがお寺を丁寧にまわります。もう最終地点が見えてきたといっても
いいかもしれませんね。それでも最後まで気が抜けません。
lempuyang-13.jpg


下りは地獄の階段〜。とにかくひたすら続く容赦ない階段に足がヘロヘロです。
膝は震えるし、ふくらはぎはつりそうになるし。
lempuyang-14.jpg


翌日にひどい筋肉痛に悩まされたことは言うまでもありません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月26日
« 前の記事「バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル5:シラユクティ寺院」へ
»次の記事「バリ人の葬儀/ムガジャル・アジャル7:ムラジャンに戻る」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
ネカ美術館
ヌリズワルンのスペアリブ
田舎のブタ
コピ バリ ハウス
J.Coのドーナッツ
ガルンガン祭り
子供が便秘になったら
クタビーチでサーフィン
ペピット・スーパーマーケット
ウブドゥのアヤム・チャンプル
グヌン・カウィの遺跡
ジンバランビーチのシーフードBBQ
日曜日のサヌールビーチ
リゾートインテリア「マニス」

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集