海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 住宅事情-1

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 6日

住宅事情-1


住宅事情-1

バリ人の人々の部屋の大きさって、かなり狭くても大丈夫というか
狭い部屋に家族がごっちゃり集まって暮らしていることも多いです。
100306-2.jpg

住宅事情を事細かに説明するとかなり長くなるので、ある切り口を
設定して考えてみたいと思います。
「日本人女性がサヌールで一人暮らしをするとしたら」
女性が一人暮らしとなると、まずは安全を第一に考えなくてはなりません。
外国人向けで敷地内に部屋が並び、敷地の中には大屋さんも同居を
しているなんて理想的です。敷地によそ者が入って来れないゲート
などがあるのも重要ですね。

真水のマンディーでも大丈夫ならローカルのコスと言われる集合アパートでも
生活出来そうですが、やはりお湯シャワーは欲しいですよね、そして
台所も・・となると一ヶ月の予算はRP.1,000,000を越えるかもしれません。
電気と水の料金も込みとなると一ヶ月RP.1,000,000はリーズナブル。
支払いは一ヶ月毎でも可能ですが、まとめて1年分を払って割引をして
もらうという手もあります。敷金や礼金はないです。

もしとっても資金に余裕があるのなら、プール付きヴィラなどを貸し切って優雅に
リゾ−ト生活なんてもアリだと思いますが、その場合は一年間で最低でも
50万円くらいの予算でしょうか。

家具付きのアパートもありますが、ベッドなどは誰が寝ているかわからないので
購入するほうが気分的にもスッキリしますね、誰かの汗臭いベッドは無料とは
いえ勘弁してもらいたいかも。

ローカルの人達は、1部屋だけの狭いコスだと一ヶ月RP.200,000なんて
安い物件もあります。そのかわり共同のトイレ、台所だったりするので
生活レベルはかなり低いですね。

バリ人でも持ち家がある人もいますが、親からの財産とか、元々の家だったり
ということが多いです。仕事の給料だけでデンパサールに家が建てられる
というのはなかなか至難の業。バリ島で比較的収入が多いと言われる
外国のお客さん相手のガイドさん達は、なんとか家を持つことが出来るようです。
デンパサールからウブドゥに向う途中のバトゥブランと言われる地域は
ガイドさん達が多く家を建てていますね。

話が前後しますが、女性の一人暮らしは本当に緊張すると思います。
大屋さんがいて、お手伝いさんがいたとして、信用していても部屋の
中の物がなくなったり、減っていたなんてことはよく聞く話。
ましてや、女性1人で一軒家を借りるとなると空き巣などを心配して
窓に鉄格子をつけたり、出来れば番犬が欲しいなど、用心に越した
ことはありません。

バリ島は比較的安全なところですが、やはり外国ということで安い料金
ということよりもまず先に安全面を優先して住宅を探した方が良いと思います。
みんなどうやって探しているのかというと、案外口コミで紹介をして
もらっている人も多いみたいですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年3月 6日
« 前の記事「パグルウェシの日でした」へ
»次の記事「オバマ大統領がバリ島に来る!」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
ガルンガン祭り
ボロブドゥールツアー/その7 バティックショップ

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集