海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > "見た目"どんな女性がモテる?

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 1日

"見た目"どんな女性がモテる?


メール プリント もっと見る

"見た目"どんな女性がモテる?

ローカルの人々が美人の条件にあげるのはまず色が白いこと。
色黒=ブスの図も成り立っているバリ島です。
100401-1.jpg

色が黒いと醜いっていう価値観はどこから発生したのかは
わかりませんが、男女ともに色が白いことが望ましいと
思っているようです。
***ちゃんは色が黒いからね〜なんて言っているのを聞きますが
その本人を見てもたいしてワタシには違いはわからず。
ハッキリ言って、バリ人の肌色の差なんて目くそ鼻くその世界
だよね〜と口の悪いワタシ言うのですが、それでも彼らにとっては
その微妙な明度の差が重要みたいです。


テレビのコマーシャルで見ていても、まずは化粧品は美白重視。
一時期、自分で出来るピーリングがローカル女性の間で流行った
ことがありますが、そもそもの知識がないために、平気で日焼け止めも
塗らずに外を歩いていて、かえって色素が沈着して悲惨な結果な
女子もいました。


色白の次にはロングストレートという髪型です。
女性は髪が長い方がモテル。我が夫も暑いからショートボブにすると
いうと大反対。髪の短い女なんて男みたいだ!ですって。

バリ人女性には天然パーマの女子もいますが、髪が縮れていると
チョー差別ですが、イリアンジャヤみたいだからイヤ!と言って
ストレートパーマをかけてしまいます。
観光客時代だった頃に、強いソバージュパーマをかけてバリ島に
来た時は顔を見るなり、大笑いされて「ランダみたいだぁ〜」と
言われました。
お洒落風に洗った髪を、クシャクシャな感じでわざとワイルドに
まとめた時は、家族みんなに「髪の毛とかさないの?」と聞かれた
こともあります。(苦笑)


そういうわけで、何故日本人女性がバリ島でもてるか、という質問に
バリ人に比べて断トツに色が白いから。という理由もあげておきましょう。
だからブスでもモテルのか、なんて意地悪なことを言う輩は放って
おきますが、顔の作りよりも肌色が優先されるのは確かです。

日本ではスレンダーな女性が持てますが、バリ島ではそれほど痩せている
ことが重要ではないようです。出産後に太ってしまった奥さんをなじる
こともありません。「子供を産んだんだから仕方ない」という夫の心優しい意見。
太ったことによって愛情が冷めるなんてことはなさそうです。
(これについては数人の既婚者に確認済み)
一部、田舎の人々や華僑の方々は、太っていることは富の象徴と思って
いることも未だにあり得ます。健康上は問題ありですが知らないって怖いですね。


そして日本人男性は女性は若ければ、若い程、価値があると思っているフシ
がありますが、バリ人男性は奥さんが歳をとっても若い女性に走るという
発想にはいたらないようです。ただし、こちらの人達は早く結婚して家庭を
持つことが人生の目標!!と思っているので、嫁ぎ遅れた女性の焦りは
相当なものだと想像されます。そしてなによりも子供を持つことが最優先
されるので、痩せて不健康な女性は妻として選ばれない、という事実かも
しれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年4月 1日
« 前の記事「バリ島交通事情」へ
»次の記事「オダランに行ってきました」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    タイヤがパンクしました
    歯の詰め物が取れた!
    バリハイ・サンセットディナークルーズ!!
    とにかく大渋滞
    初めてみた採青(ツァイチン)の様子
    チャイニーズニューイヤー/アグン山の警戒レベルも下がっています
    デンパサール・ルノン地域 ねこぽぽ居酒屋
    海上高速道路TOLの料金が少し値上げ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イブオカのバビグリン
    カテゴリー分けを変えてみました
    インドネシアの選挙
    象の赤ちゃんが生まれました!

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集