海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > タクシーにご注意

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月 9日

タクシーにご注意


タクシーにご注意

ガイドブックなどで紹介されておなじみの青いバリタクシーが
昨日、おとといと襲撃されてサンセット通りで21台、ジンバランで23台が
破壊されてしまった。
100609-1.jpg

事の起こりは簡単に言ってしまえば、バリ島地元のタクシー会社の
妬み。成功しているジャカルタ資本のブルーバードグループへ怒りの
矛先が向ったというのが大方の見方ではないだろうか。

グルーバードグループのバリタクシーはドライバーのマナーもちゃんと
していて、他のタクシー会社のドライバーと比べるとしっかり教育が
されているな、と感じていた。

お客様のリクエストも多く、タクシーと言ったらブルーバードの文字が
フロントガラスにあるバリタクシーを使おうという認識だったと思う。
ところがそれが面白くない地元のタクシー会社。
ブルーバード社の営業許可の不備を突いて営業停止を求めていた。
その期限が6月初頭。

そして期限が過ぎたら、営業をやめないブルーバードグループの車を他の
タクシー会社のドライバーが激怒して破壊しまくっているという事件。
しかし、怒っているからといって車を破壊するなんてそれは犯罪では
ないのかしら。
おまけに乗車しているお客様まで引きずりだして怪我をさせているらしい。
いくらなんでも、そんな暴挙が許されていいわけがないと思う。

お客様へ。そんなわけで事件に巻き込まれると危ないので当面は
ブルーバード社のバリ・タクシーは利用しない方がいいと思います。
そして他社のタクシーについても同様。そんな事件を起こすような
手荒いドライバーの車に乗ったらどうなるかを考えた方がいいと思う。

もちろん心優しいタクシーのドライバーさんもいるでしょうから、
一概にタクシーを利用しないほうがいいとは言えませんが、
乗車する時はドライバーさんの顔を見てから、大丈夫そうなら
利用するくらいで丁度いいかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年6月 9日
« 前の記事「またしても延期です」へ
»次の記事「2011年のニュピ」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    魅惑のコモド特集1/ラブアンバジョーから出発!
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品
    バロンクッキーがT-ギャラリアで買える!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ラ・ルッチオーラ
    インダス・レストラン
    ピテカントロプス
    オーガニックソープ KOU

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集