海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ島/ペット事情

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年9月23日

バリ島/ペット事情


バリ島/ペット事情

バリ島では道路にノホホンと寝転がる犬がたくさんいます。
日本から初めて来たお客様には野犬と見えると思いますが
実はちゃんとバリ人が飼っています。
しかしながら放し飼いなので、犬は相当に自由に行動していて
エサをもらえる時だけ帰ってくるなんて状態です。
100923-1.jpg

一般的にローカルの人の犬に対する見解です。
一応犬には名前もあったりしますが、ペットというよりも
家畜に近い扱われ方、もしかしたらそれ以下かもしれません。
人間には決して逆らってはいけないし、粗相をしたら思いっきり
足蹴にされてしまいます。
可愛がるというよりも、防犯のために飼っている家が多いです。

それでも、以前よりはまだマシになって気もします。
外国人のペット事情を知って、首輪をつけたりしている犬も
多く見かけるようになりました。
場所によってはまだまだ皮膚病だらけで痩せこけた犬もいますが
デンパサール辺りではそこそこエサをもらっている様子。
こんな風にワルンでお客様のおこぼれを頂戴とたくらむワンコ。
100923-2.jpg


「おい!」って声をかけたら、愛らしい目つきで振り向いてくれました。
100923-3.jpg


普通のバリ人の感覚だと犬は人間以下でしかないので、日本のような
家族同然の扱いというものが理解出来ないようです。
バリ人を驚かしたり、笑わせたりする話の一つが日本のペット事情。
・飼い主が旅行に行く時は犬をペットホテルに預けるんだよ
・犬の為の美容室だってあるのよ
これらの話をすると、みんな一様にそんな犬にお金をかけるなんて
信じられないという顔をして笑います。


日本から来たばかりの時に、ついうっかり自分の残った食べ物を
犬にあげようとして差し出したら、えらい勢いで怒られたことがあります。
犬が使ったお皿はもう人間は使えないんですって。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年9月23日
« 前の記事「レバラン前の情報」へ
»次の記事「バリアンのクトゥ・リアル翁」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/七人の鳥侍
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Cafe Moonlight
    カシイブ総合病院 サバ分院にBALI DENTAL & IMPLANTS CENTREオープン!
    ついに空港周囲の渋滞解決?立体交差が開通しました
    魚のストックはI am "be" U
    空港でビアードパパを購入
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヌルディン容疑者死亡
    めずらしくバリ島で地震がありました
    バリ島・新型インフルエンザの状況

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集