海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ニュピの最中に病気になってしまったら?

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月 2日

ニュピの最中に病気になってしまったら?


ニュピの最中に病気になってしまったら?

外に一歩も出る事が出来ないニュピ
万が一、具合が悪くなったらどうするの?
ご安心ください。BIMC HOSPITALから以下の情報をいただきました
110302-1.jpg

BIMC HOSPITALからのお知らせです

2011年3月5日(土)のバリ島・ニュピ祭についてお知らせです。
ニュピ祭は毎年の事ですが、当日のご対応に備えて
以下、観光のお客様もご周知下さいますようお願い申し上げます。

1. BIMCの診療時間
 → 通常通り24時間診療・入院も可能です。
ただし、退院はニュピ祭が明けてからとなります。

2. BIMCでの24時間緊急外来の有無
 → 可能です。救急車の待機も通常通り24時間態勢です。

3. BIMCの日本人通訳の勤務日時(受診希望の患者様が入った場合)
 → ニュピの当日は、24時間自宅でオンコール待機しておりますので、
通常通り病院へご連絡下さい。

4. BIMCからの往診サービスの有無
 → 往診は緊急事態に該当しない為、基本的に出来ません。

5. 以下、当日、体調を崩されたお客様が診察をご希望になる場合の注意

   まず最初にご宿泊先の車による当院までの送迎が可能であるかどうかをご確認いただき、
   可能であれば、ご宿泊先の車で当院までお越しいただくようにご説明下さい。

   BIMCの救急車で患者様をお迎えに行く場合、
バリ島にある地区自治体ごとの検問所でチェックを受けるので、
道路自体は空いていても、ニュピ祭当日に限っては、目的地に
早く着けるとは限りませんので予めご了承下さい。

   何故到着までに時間が掛かるのか?
ですが、お迎えに行く救急車はドライバーが運転、医師、看護師が同乗する他には
   "から"の状態ですので(当たり前ですが)、検問所では、この救急車の出動が
緊急事態である=患者様がいる、という証明が出来ないため、停車させられ
詰問攻めに遭ってしまうからです。。。

   ですから、ご宿泊先の車をご利用になっていただくと、
"患者様"が一緒に乗っているので事情を説明しやすいのです。

   
上記について、何かご不明な点やご質問などがございましたら、
お気軽に当病院までご連絡ください。


以上、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


スタッフ名/坂倉 雅代
Masayo Sakakura
Japanese Business Development / Guest Relations
BIMC HOSPITAL
E-mail : masayo@bimcbali.com
www.bimcbali.com
JL.Bypass Ngurah Rai No.100X Kuta 80361
Bali - Indonesia
Tel +62 361 761 263 (ext. 421)
Fax +62 361 766 539 (direct)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年3月 2日
« 前の記事「かわいい〜トラの赤ちゃん」へ
»次の記事「チャイニーズ サンデー ランチ ビュッフェ」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    日清の激辛ラーメン
    バリ島初!UNIQLOオープン!
    GWKカルチュラルパーク
    素敵な週末をリンバ内ユニーク ルーフトップバー&レストランで
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/TAKE Restaurant
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/七人の鳥侍
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バリ島交通事情
    バリ島舞台の映画が8月13日に公開!
    オバマ大統領がバリ島に来る!
    住宅事情-1
    パグルウェシの日でした
    今年のニュピは3月16日(火)です
    バリタクシー/ブルーバードグループ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集