海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 電気の話

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月 2日

電気の話


メール プリント もっと見る

電気の話

バリ島の電気の話。苦労話というのか、文句話というのか、グチというのか、
とにかく熱く語れると思います。

110702-1.jpg


そもそも家庭の電気の容量を増やすというだけでもすんなりいきません。
ここから語り始めると長くなるので割愛しますが、日本は便利だし
電話一本で東京電力さんがきてアンペアあげてくれだはずだよなぁ〜と
遠い目で懐かしがることになります。


毎日の生活ではまず。電気は安定していません。スタビライザーという
電源安定装置を付けないと、電化製品がすぐに故障してしまいます。
夜にふっと照明が暗くなるのが視覚的にわかるくらい、電圧が下がることも。


そして、停電です。
以前ほどではなくなったものの、予期せぬ停電には泣かされます。
朝の9時から夕方の4時くらいまで、一日中停電なんて日は仕事を
するのを諦めなくてはなりません。

夕方6時から停電の時は、ろうそくの明かりを頼りに生活します。
トイレやマンディーの時はさすがに暗くて、不便さを感じます。


さらに、新聞などでは告知していると言っていますが、なんの、なんの
ワタシの覚えている限りではこれらの停電がなんの前触れもなく実施されます。
近所で工事があって、周辺の電気を勝手に止められるなんてこともあります。


さて、突然の停電で困るのが、コンピューターです。ハードディスクに書き込みを
している最中に電源が落ちると、ハードディスクはご臨終です。
それを防ぐためには、UPSというバックアップ装置を普段から使う必要があります。
高いコンピューターが一瞬でお陀仏になってしまうのはシャレになりません。


そしてUPSをつけているから、大丈夫と安心しきっていると、その肝心なUPSが
ハード的に消耗して故障しているなんてことも起きます。いや、起きました。
不幸にして、そんな時に停電がありますと、泣くに泣けない状況に陥ります。


とまあ、いろいろなトラブルが起きるバリ島ですが、こうしたことも慣れてしまうと
またか・・・・で済ませることが出来ます。いくらあがいてもどうしようもないと
悟るのです。人間って適応すれば、なんとでもなるもんだと思います。


hirobali9をフォローしましょう人気ブログランキングへ


今年はいろんなことに挑戦してみます。ランキングにも参加しちゃった!
一日一回ポチッとお願いいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年7月 2日
« 前の記事「ピアノについて」へ
»次の記事「ラーメンごん太」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    日本から荷物が届きました
    バリ島らしい光景
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    1年前の同じ月に投稿された記事
    暑い時はエスチャンプル!
    雨ばかり・・・
    なんか違和感あります

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集