海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 香り紙 サッシェ Sache

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月22日

香り紙 サッシェ Sache


香り紙 サッシェ Sache

ちょっと前のことだけど、生のエビとイカを買い物して、車のトランクにその
荷物を入れたのだけど、エビのとげとげがビーニール袋をやぶり、イカから出た
生臭い水が漏れて、臭くて大変なことになったことがあります。

マットから全部取り出して、水洗いして匂いは消えたはずなんだけど、でも
気持ち的には消えていません。あのときの臭い匂いの記憶があるんでしょう。

今日ご紹介するのはチャンディーダサに工房があるアラムゼンポールの
サッシェという匂いの紙。ビニール袋を開けると、アロマの香りが広がります。
110922-1.jpg


車の芳香剤は頭が痛くなるほど嫌いなのですが、サッシェなら自然の香りなので
とっても良い気分です。何種類か香りがあるので、使い切ったらまだ別の香りを
楽しもうと思っています。


ところで、全然関係ないのですが、会社のネットワーク状況がよくありません。
メールの送信が出来ないのはしょっちゅうなのですが、ホームページにアクセス
すると変なカメレオンマークが・・・・。ドメインディスカウントとかなんとか
書いてありますが、アクセス出来るホームページもあるし、カメレオンになって
しまうホームページもあります。
自宅ではそんなことにはならないんですけどね。
なんか、オカシイ・・・・。


イロイロなバリ島情報はコチラ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村


suka2.gif
ニュース フロム バリ もよろしく!


hirobali9をフォローしましょう

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2011年9月22日
« 前の記事「幅13センチのハンバーガー」へ
»次の記事「ラ・ルッチオーラと夕日」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    魅惑のコモド特集2/コモドドラゴン
    魅惑のコモド特集1/ラブアンバジョーから出発!
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バリ島/ペット事情
    レバラン前の情報
    これだけで渋滞

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集