海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ人の赤ちゃん

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月15日

バリ人の赤ちゃん


メール プリント もっと見る

バリ人の赤ちゃん

弊社のスタッフに赤ちゃんが産まれました。
陣痛がない上に、4.5キロの巨大な赤ちゃんだったので、帝王切開と
相成りました。といっても、バリ島の産婦人科の先生は手術をしたがります。
なぜかというと、手数料が高いから。
それにも妊婦さんも陣痛をこらえるよりは手術の方がすぐに終わって楽!
と思うみたいで、気軽に手術に踏み切ります。

ワタシは2人ともに自然分娩でしたが、長男の出産日、その日の出産予定の
妊婦さんは10人くらいいましたが、ワタシともう一人の日本人の妊婦さんを
除いてすべて帝王切開だった記憶があります。


そして手術の後、すぐに退院出来るのも日本とは違うところ。
手術の翌日に退院なんてあり得なーーーい、ですよね?


111015-1.jpg


バリ人の赤ちゃんは産まれるとすぐに布の手袋、足袋をかぶせます。
たぶん、伸びた爪で顔を引っ掻かないようにという意味だと思いますが
風邪引かないように、というお母さんが多いです。
爪は、三ヶ月だったかの儀式までは切ってはいけないと、言われました。


ワタシはもちろんそんな慣習を無視して赤ちゃん用の爪切りで伸びた爪を
切ってしまい、手袋もさせませんでした。


友人の話ですが日本の両親が送られて来た赤ちゃんの写真を見て
もしかして、指に異常があったのではないか?と真剣に心配されたという
笑えないエピソードもありましたっけ・・・。


こんなに小さかった赤ちゃんが我が家ではもう10歳。
月日が経つのは早いなぁ、としみじみ思ってしまいます。
2人の子供を必死で育てた記憶なんて、すっかり忘れていますね。



イロイロなバリ島情報はコチラでも~
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村


suka2.gif
ニュース フロム バリ もよろしく!


hirobali9をフォローしましょう

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年10月15日
« 前の記事「ブブール・インジン」へ
»次の記事「田舎の子供」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    日本から荷物が届きました
    バリ島らしい光景
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バリアンのクトゥ・リアル翁

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集