海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 東日本大震災から一年

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月11日

東日本大震災から一年


東日本大震災から一年

震災から一年が経った。
いろんな思いが交錯して何から書き始めてよいのか戸惑っている。
バリ島でテレビで見た衝撃の映像は今も変わらずワタシにダメージを与えている。
亡くなった方への追悼。未だに家を持たずに仮設住宅で暮らしている方への同情、
放射能を常に意識しながら暮らしている親戚達への哀愍。それなのに何も出来ない
自分への意気消沈。
自分が生きるだけで精一杯だけど、でもなにかしたいと思っている。
忘れちゃいけないと思っている。
でも、なにが出来るだろう?ワタシと同じように多くの人がそんな風に感じていると思う。
今日のメディアで震災関連の記事を探してみる。

(以下---------------朝日新聞よりの抜粋)
野田佳彦首相は9日、東日本大震災から1年を機に、米紙ワシントン・ポストに寄稿した。
「我々の目標は単に(震災の起きた)2011年3月11日よ り前の日本を再建することだけ
ではない。新しい日本を造り上げるということだ」とし、
「我々はこの歴史的課題を乗り越える決意を固めている」と強調した。
首相は「私たちは震災の犠牲となった愛する家族、友人、仲間を忘れることはない。
そしてまた、日本に対して世界各国から寄せられた多大なる支援と連帯の表明も、
決して忘れることはない」とした。
そのうえで、「喫緊の課題」として、被災地の復興、福島第一原子力発電所の廃炉と
被災地の除染、日本経済再生の三つを挙げた。(以上まで)

120311.jpg

「新しい日本を造り上げるということだ」この言葉に期待してみたい。
今現在、バリ島への日本人渡航者数は減る一方である。
他の国からは増加の一方だというのに。バリ島が人気がなくなっているというのではなく、
日本の国全体からのパワーが感じられないような気がしてならない。
日本からバリ島にいらっしゃるお客様を待つばかりではなく、
逆に自分の祖国の素晴らしさをインドネシアの人に知ってもらいたい思いが強くなり、
インドネシアの人たちが日本に旅行をしたくなるようなシステムを考えている今日この頃である。


↓↓↓クリック応援お願いしまーす!


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


人気ブログランキングへ

ニュース フロム バリ もよろしく!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年3月11日
« 前の記事「超豪華弁当・マヤサヤン」へ
»次の記事「ビンタンビールな風景」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/七人の鳥侍
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Cafe Moonlight
    カシイブ総合病院 サバ分院にBALI DENTAL & IMPLANTS CENTREオープン!
    ついに空港周囲の渋滞解決?立体交差が開通しました
    魚のストックはI am "be" U
    空港でビアードパパを購入
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ジンバランビーチのシーフードバベキュー
    渋滞が多いバリ島
    愛だよ、愛!!
    ジャジャ バリ
    一番売れているワンピース
    ファニーズー/7〜11
    美味しいバビグリン
    震災情報をインターネットで探す
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2011-1月
    バリ島から応援しています
    水は買うものです
    バリ人の食事風景
    ファニーズー/3〜6
    カマサン・スタイルの絵画
    ファニーズー/2
    ファニーズー/1
    タマンサリ・ロイヤル ヘリテージスパ
    ローカル飯/ソト・ババッ
    ニュピ当日です
    チャイニーズ サンデー ランチ ビュッフェ
    ニュピの最中に病気になってしまったら?
    かわいい〜トラの赤ちゃん
    もうすぐニュピ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集