海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ガルンガン祭り当日

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月27日

ガルンガン祭り当日


ガルンガン祭り当日

本日はガルンガン祭り。
本来は田舎テジャクラのサンガッ(家族お寺)や田舎の三大お寺を
参拝するのが習わしですが、今回はデンパサールの自宅でのお祈りです。
いつもは親戚にお供えを作ってもらうのですが、あいにく誰もいなくて
やむなく市場でお供え、飾付け一式を買う事になりました。
すべて10万ルピアだったそうです。
ワタシが外国人ということで、あぐらをかいた結果ですが、バリ人の家でも
お供えやペンジョールを買って済ます家庭も増えて来ているのだとか。
やはり時代の流れでしょうか?
130327-2.jpg


家を所有しているバリ人家庭は、家の各所にお供えを捧げなければなりません。
重要なサンガッ(家族お寺)、ジュルグデ(敷地の神様)、の他、我が家では
水回り、火周り、車、オートバイ、子供のアリアリを埋めた場所、など計14カ所に
お供えをあげます。
130327-1.jpg



お寺を参拝する時は、必ず女性はクバヤ、男性はサファリなどの式服を
着用しなくてはなりませんが、自宅の場合は、夫以外はワタシはサロンと
スレンダン(腰巻き)、子供達はスレンダン(腰巻き)だけの格好です。
外国人でも最低、サロン、スレンダンで身支度を整えると公式の場でも
お祈りの参加出来る事もあります。
130327-6.jpg



サンガッにてお祈り。
身を清めてから、線香をつけ、捧げる花を用意して祈ります。
手順はそれぞれですが、ワタシの場合、まずは花を持たずに祈り、
花をもって三回祈り、最後にまた花を持たずに一回祈ります。
額のちょっと上に花を掲げ、背筋をピッと伸ばして祈ると形よい姿になりますヨ。
全ての祈りが終わったら、終わりの挨拶。
オーム シャンテイー シャンティー シャンティー オーム。
130327-7.jpg


長年、バリ島で暮らしているワタシでも、ちゃんと祈りの手順を把握して出来て
おりません。もし、日本からのお客様で、こうした祈りの場面に参加するチャンスが
あったら、周囲の人の手順を真似るだけでも大丈夫。
祈りの言葉も自由です。無心でいるだけ、家族を思ったり、平和を願ったり。
なぜか、祈りの時間の後は、心がスッキリしたような気持ちになります。

情報提供 by スカスカ・バリ

↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年3月27日
« 前の記事「ペンジョールの風景」へ
»次の記事「カニのクピティン・スクロ」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
泡立ちの良いラハシア
味噌ラーメン・ここやサヌール
プラザバリ休業
スペアリブがトレンド食?
噂のブラウニー
スープ・ブントゥット
味噌カツをいただく
ニュピの飲茶セット
オゴオゴ!
考える事は同じ
画材専門店を発見!
味噌ラーメン・すず
絶品のポークカレー
まさかの雨漏り
ここはどこでしょう?
冷やし納豆うどん
イブオカのバビグリン
ティルタ・エンプル
ガルーダ/成田空港ターミナル移動に関するお知らせ
グヌン・カウィ
ビンタンビールな風景
東日本大震災から一年
超豪華弁当・マヤサヤン
DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2012-2月
バリ島でたこ焼き
130円のステーキ
俺の餃子
夜中の大騒ぎ
ワルン・ワルンでランチ〜
めずらしく雨!
フード、ホテル&ツーリズムバリ2012
プティ・ピノでランチ

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集