海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > グヌンカウィスバトゥ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月 3日

グヌンカウィスバトゥ


グヌンカウィスバトゥ

通常、お客様をお連れするのは同じグヌンカウィでもティルタウンプルというお寺。
今回紹介するグヌンカウィスバトゥはあんまり日本人のお客様には知られていない
お寺です。グヌンカウィスバトゥは聖水の湧き出るお寺です。
バリヒンドゥー教の水の神であるウシュヌ神を奉っています。
130403-3.jpg



このお寺の由来です。
昔、タンパク リン村で起こった戦いで、デワ・インドラの率いる軍に負けた
悪王マヤデナワは、スバトゥ村へ逃げ込みました。
その時、村人たちはマヤデナワの姿を恐れて皆逃げ出してしまったと言います。
スバトゥ村に大きな混乱が起きているのを見たデワ・ウィシュヌは、
食べることはもちろん、飲み水さえままならない村人たちを不憫に思い、
水を彼らに与えるため、湧き水(聖水)を施したそうです。
130403-1.jpg


そしてデワ・ウィシュヌ神と精霊たちは再びマヤデナワ王と対戦しました。
マヤデナワ王はプタヌ川に追い込まれそこで殺されたそうです。
村人たちはウィシュヌ神のために現在の寺院のあるところに祠を建てたそうです。
130403-2.jpg


今でもこの寺では、聖水の湧き出る寺として、身体を清める儀式などが行なわれています。
写真でもお分かりになると思いますが、静寂と神秘があたりを包んでいて、
荘厳な雰囲気です。美しいだけでなく、聖水からは神聖なパワーを感じる気がします。
130403-4.jpg



息をのむ光景がここにあります。
このお寺のもっと奥にはムルカッと言って、身体を清めるための滝があるそうです。
滝の中に入ると、身体に取り憑いている悪霊や災いが逃げ出て、水が見ていると
本当濁って汚くなるそうです。
次回はぜひ訪れて、体験してみたいですね。
130403-5.jpg


情報提供 by スカスカ・バリ

↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2013年4月 3日
« 前の記事「バグース・ジャティーで癒される」へ
»次の記事「サヌールのカユマニスでディナー」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/七人の鳥侍
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Cafe Moonlight
    カシイブ総合病院 サバ分院にBALI DENTAL & IMPLANTS CENTREオープン!
    ついに空港周囲の渋滞解決?立体交差が開通しました
    魚のストックはI am "be" U
    空港でビアードパパを購入
    サヌールの日本食 SOYA
    バリ島から気軽にコモドへの旅
    1年前の同じ月に投稿された記事
    妙にハマるベトナムサラダ
    シージプシーのシルバーアクセ
    便利なスミニャック・スクエア
    マタアイル・カフェ
    ダラ・スパの魅力
    カルマ・カンダラを見学
    これ、カワユクない?
    糖質制限ダイエット
    バリ・ズーのナイト・アット ザ ズー
    おすすめのサラダバー
    ジンバラン・シーフードBBQ
    ずれちゃいけない金銭感覚
    とっても便利な日本商品
    A Night at The Zoo
    結婚式の作法
    プラガの橋
    結婚式の招待状
    インドネシア・スマトラ沖地震
    羽根つき餃子!
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2012-3月
    「いちい」であんかけうどん
    ジャンクションの絶品シーフードカレー
    超田舎・テジャクラ
    従兄弟の結婚式
    ムリス(ムキース)に参加しました
    カニ2キロでRP.270,000
    素材が新鮮!!さかなや
    意外とナシゴレンが美味しいチアンジュール
    ノンアルコールドリンク
    エビ1キロ=Rp.80,000
    バリ・アグンショー

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集