海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > トータルで優秀タマンサリ・ロイヤルヘリテージスパ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月19日

トータルで優秀タマンサリ・ロイヤルヘリテージスパ


トータルで優秀タマンサリ・ロイヤルヘリテージスパ

バリ島には星の数ほどたくさんのスパ&エステがあり、どこを選んで良いか
わからなくなります。実際自分で体験をしてみて、雰囲気、サービス、技術、
使っているプロダクツなどの総合的な事を判断すると、おのずと差は出てきます。
何度も体験してやっぱりいい!って確信しているのは、ヌサドゥアにある
タマンサリ・ロイヤルヘリテージスパ。
中庭にジェットプールがあって優雅な雰囲気。
日本人スタッフがしっかりクオリティーコントロールをしているので技術や
サービスの質がキープされています。
130419-2.jpg



トリートメントルームもやや広めで、閉所恐怖症まではいかなくても狭い
空間が苦手なワタシには好ましいです。
130419-1.jpg



こちらのスパで使われるプロダクツはインドネシアのムスティカラトゥという
商品なのですが、なかなか優秀です。
130419-3.jpg


到着してからのカウンセリングでは数種のオイルから自分の好みの香りや
効用を選ぶ事が出来ます。2〜3種のオイルをブレンドすることも可能です。
130419-4.jpg



そしてもう一つ特筆したいのは、フェイシャルがとても良い事。
面の皮が厚いわりには、敏感肌でフェイシャルを受ける時はおっかなびっくり。
あわないプロダクツは顔がピリピリして途中で辞退ということも少なくありません。
人に寄って合うあわないはあると思いますが、ムスティカラトゥのフェイシャルで
使われるプロダクツはそんなワタシの肌でも刺激が少なくて質が良いです。
130419-5.jpg



さらにオーナーさんがフェイスアル大好きらしく、日本のエステみたいに
吸引、むだ毛処理、スチームなどの器材も充実していてマッサージだけでは
終わりません。セラピストさんの施術もとても丁寧で受けていて不安感が
一切ないのが素晴らしい〜。雑な人だと目にオイルが染みたり、鼻の中に
スクラブが入ったりと、目をつぶっているだけに敏感になっています。
かなり熟練した技術を持っているのでフェイシャルも受けたい女性には
おすすめのスパであります。
130419-6.jpg



情報提供 by スカスカ・バリ

↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2013年4月19日
« 前の記事「ウブドのピテカントロプス」へ
»次の記事「マンゴスチン」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
妙にハマるベトナムサラダ
シージプシーのシルバーアクセ
便利なスミニャック・スクエア
マタアイル・カフェ
ダラ・スパの魅力
カルマ・カンダラを見学
これ、カワユクない?
糖質制限ダイエット
バリ・ズーのナイト・アット ザ ズー
おすすめのサラダバー
ジンバラン・シーフードBBQ
ずれちゃいけない金銭感覚
とっても便利な日本商品
A Night at The Zoo
結婚式の作法
プラガの橋
結婚式の招待状
インドネシア・スマトラ沖地震
羽根つき餃子!
DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2012-3月
「いちい」であんかけうどん
ジャンクションの絶品シーフードカレー
超田舎・テジャクラ
従兄弟の結婚式
ムリス(ムキース)に参加しました
カニ2キロでRP.270,000
素材が新鮮!!さかなや
意外とナシゴレンが美味しいチアンジュール
ノンアルコールドリンク
エビ1キロ=Rp.80,000
バリ・アグンショー

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集