海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 接待で使うなら「白」

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月17日

接待で使うなら「白」


接待で使うなら「白」

日本で仕事をしていた時に、「接待」というプライベートな時間を使っての営業時間がありました。
会社の大事なお得意様を文字通り接待するわけですが、仕事がうまく図らわれるように
お店選びはもちろんお客様が喜ぶ店が選ばれます。
日本のサラリーマンの皆さん、今でも接待していますかー?
題名に接待で使える、と書いたのですが仕事人の皆様にはその意味するところを
ご理解いただけたかと思います。
ちなみにバリ島では接待等はありません。勤務終了時間と同時にまだ仕事が残っていようが
おかまいなしでとっとと家に帰ります。

さて、それは置いておいて・・・またしても「白」で舌鼓を打ちに来ました〜。
この美しい組み合わせをご覧ください。奥様ジュレが添えられてございましてよ。
と、知ったかぶりをして格好をつけて言ってみましたが、
マグロの漬けとネバネバ系の素材のハーモニー。素晴らしいです。
130917-1.jpg


さらに刺身は手前からハマチ、オオトロ、サーモン、鯵。
どれも味わいが濃くて、魚に疎いワタシでも、その力量を感じました。
おしゃべりをしながら、時間をかけてゆっくりと幸福感を噛み締めます。
130917-2.jpg


魚の味噌漬けも素晴らしい〜。添えられた野菜がアートしちゃっていますヨ。
130917-3.jpg



実は何回食べても苦手な牡蛎。あ、あれー?牡蛎フライ美味しいじゃないですかー!
苦手な磯臭さもなくて、パクッといただけました。
130917-4.jpg



握りか、ちらし寿司を選ぶ事が出来ましたが、ホタテ貝の皿に載った刺身の漬けの
蓋を開けると〜、きゃー!さらに具沢山の酢飯が!!!これは豪華〜。
しかも女性にはピッタリの量でございました。
130917-5.jpg


最後のデザートはカボチャのプリンでした。
ごちそう様でした。なんだかんだと時間を見たら3時間も経っていました。
あっという間に楽しい時間は過ぎるものですね〜。


Shiro

No.3 Pangkung Sari Seminyak
電話: 0361-731343
営業時間 : 18:00~
https://www.facebook.com/pages/Shiro-SushiSake/296100483834661


情報提供 by スカスカ・バリ

↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年9月17日
« 前の記事「ウルワトゥ寺院のケチャックダンスが大混雑」へ
»次の記事「地方巡業にいかがでしょうか?」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
サヌールにオープンMimpi Manis
1年前の同じ月に投稿された記事
サヌールヴィレッジ・フェスティバル
マグナム!!!
プティピノでランチ
テジャクラ郡レス村の滝
印象深かったこの方
手で裂けるナンカ
鶏胸肉の唐揚げ
イガ・サピのレコー
コクーンビーチクラブ&レストラン
バリ島で秋を感じる
ルノンのママレスト
ハナマサで食べ放題
郵便局の現状/届くだけまし!
簡単!マグロステーキ
飲茶情報-2
飲茶情報-1
アロマオイルを選べるスパ
味玉子の作り方
人それぞれ
こんなところにあったのか・・・・
伝統的な天然のココナツ・オイルの作り方
ガッツリとスペアリブ!
薄力粉と強力粉
DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2012-8月
皮から手作り餃子
ピンクのらっきょう
目から鱗の解凍法
ロティーボーイ
子供とビーチウォークに行ってきました
ついに来るべき時が来た!

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集