海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 湿潤療法

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月22日

湿潤療法


湿潤療法

お酢で自力で治療しようかと思っていましたが、経験者のアドバイスやネットの
怖い写真を見て、速攻で病院に行って来ました。
日本人スタッフがいるクタのタケノコ病院です。
傷口がまだ化膿しているので、切開して異物がまだ入っているかチェック。
麻酔無しでメスで切られるのって、小さな傷でも怖いですね〜。
そして洗浄して、テーピング。
最近は湿潤療法というやり方で、傷を乾かさず、潤わせた状態で治療する方法で、
痛みも少なく、しかも、傷跡が残りにくくきれいに早く治ると言われています。
傷口から出る滲出液には、傷の治りを早める成分が含まれています。
滲出液を保ち、適度な湿潤環境を維持することで皮膚の自然治癒力を高めるそうです。
131122-1.jpg



「キズは早く乾かして、かさぶたをつくって治す」。
この考え方(ドライヒーリング)に基づいて、 長年にわたり治療が行われてきました。
しかし1962年に「キズは乾かすよりも、 ぴったり覆って体液(滲出液)を保ったほうが早く治る」
(モイストヒーリング)という研究結果が発表されると、 キズケアの新しい方法として湿潤療法
が取り入れられましたそうです。


というわけで、しばらくテープはそのまま放置。
指は腫れていて、炎症で周囲が赤きくなっています。
肘の付け根まで赤みが伸びているのが、不気味です。
5日分の更生物資の飲み薬ももらったので、まずは一安心。


料理をしている時にケガをしたのですが、放っておかないで
すぐに絆創膏でも貼って、雑菌が入るのを防ぐべきでした。
こんな大事になるなんて〜〜。
たかが指の小さなキズも侮れませんね。


情報提供 by スカスカ・バリ

ランキングアップのため、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2013年11月22日
« 前の記事「お酢で治療」へ
»次の記事「アートメイクに挑戦!」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品
    バロンクッキーがT-ギャラリアで買える!
    どんどんと隙間に入り込んでくるオートバイ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    また値上げ?
    すずでランチ
    ウェンディーズ上陸!
    日曜日はカフェ・トピで
    ミー・クリティン・ジャカルタ
    ラーメンみなみの味が復活!
    あんまり暑くてビンタンビール
    マローズのステーキ最高!
    アルテミス ヴィラ&ホテル
    昨日はやっと雨が降りました〜
    フローズンヨーグルトを食べてみた
    我が家の毛長族
    メッズ・レストラン
    卓上カレンダーを購入
    DFSでプチ・変身
    お父さん、臭い!
    見つけちゃった・・・
    タオルアート?
    ウブド市場の工事
    やっと三枚おろしに成功
    サンバル・マタ・アヤム
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2012-10月
    ジョグジャの本物アヤムゴレン
    雨が降って困る事
    ブタの皮のカリカリ炒め
    アリーナで肉がっつり
    スコワナ寺院でのお参り
    キノコ炒め
    インティ・バリで買い物
    ザ・ムンジャンガン滞在記/バードウォッチング
    ザ・ムンジャンガン滞在記/シュノーケリング

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集