海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 結婚式のお祝い品

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月 6日

結婚式のお祝い品


メール プリント もっと見る

結婚式のお祝い品

田舎テジャクラで親戚の結婚式がありました。
新婦側に近かったので、お嫁さんを迎えにくる新郎を家で待ちます。
田舎の家もこんな風に、めいっぱい飾り付けられます。
140106-4.jpg



結婚式がある家には、近所の人達がお祝いを持って訪れます。
女性がボコールと呼ばれる丸い器を持って来るのですが、中身は
一番下にお米(約2キロ)コーヒー、砂糖等。
お祝いの品を米の上に乗せる人もいます。
女性が集まる広場に、その器はおかれ、女性達は新婦や家族を
四方山話をして小1時間くらいで引き取ります。
140106-1.jpg


そのタイミングは早すぎても、遅すぎてもいけないらしいのですが、
ワタシは最初本当に戸惑ったのですが、最近はなんとなくわかるようになりました。
特に時間指定ががあるわけでもなく、訪れる来賓がいつ来てもよいように
コーヒーや紅茶、お菓子を用意しておかなくてはなりません。
お客さんが帰るとわかったら、中身をざざっと大きな篭にうつします。
お米やコーヒー、砂糖は結婚式に必要なアイテムでそれをいただくという
循環システムなんですね〜。
140106-2.jpg



ちょっと気になるのが、器に載せられた毛糸で編まれたカバー。
暑いバリ島で毛糸っていうのが、なんとなく違和感あります。
各家庭でそれぞれ違った柄のカバーを使っていて、見分けがつきます。
この編み物、誰が作っていて、どこで買えるんでしょうね?
140106-3.jpg


それにしても、本当に結婚式はプロセスが多くて一大事。
儀式の中でも、とりわけ大きな行事です。
まあ、一生のことなので、当たり前なのですが・・・・。

情報提供 by スカスカ・バリ

ランキングアップのため、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年1月 6日
« 前の記事「ワルン・カユマニスのおすすめメニュー」へ
»次の記事「ローカル客に人気のピア・レゴン」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    日本から荷物が届きました
    バリ島らしい光景
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    1年前の同じ月に投稿された記事
    生麺のインスタントラーメン
    ワルン カユ アピ
    ナシ・チャンプル初体験なら?
    田舎の儀式に参加
    糖質制限ダイエットの日
    仕事中のアヒル
    「汁」で女子力アップ!
    コーヒー党なら寄ってみよう
    どうしてココでチョコレート?
    バリ島の医療もここまで来たか
    ムリアのサンデーランチ!
    創作中華のザ・ガルーパ
    納得のカクテル
    エビ三昧のサンバル・シュリンプ
    キンタマーニ高原でランチ
    久しぶりの空港
    ガッツリとカニ食べる!
    マッシモでランチ
    ここやのチゲ鍋
    紅茶に凝ろうかと思っています
    赤い光が怖い?
    ティルタダイニングでロマンティックディナー
    ワルンサクラのつくねが旨い!
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2012-12月
    蚊除け対策
    はなの鍋焼きうどん
    今年最初のワルン飯・サリマニス
    スアールアグンinペジェンのお知らせ
    雨期らしい雨
    シミ取り計画
    新年あけましておめでとうございます

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集