海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 昨日はサワスワティーの日でした

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月 9日

昨日はサワスワティーの日でした


メール プリント もっと見る

昨日はサワスワティーの日でした

昨日はサラスワティーというヒンドゥー教の行事がありました。
サラスワティーとはウク暦の祭礼日で、詳しく書きますとWatugunung(7日暦第三十週)のSaniscara(土曜日)、
3日暦Kajengに行われる、学問と芸術の神サラスワティ(日本で言う、弁財天)に祈りを捧げる日。
この日は家にある古文書や教科書、辞書などが集められ供物が捧げられます。
学校はお休みですが、学生たちは正装をして、学校で行われるお祈りの儀式に参加します。
140309-2.jpg


自宅では、本などにお供えを捧げました。
140309-1.jpg



来週水曜日はまたまたパガルウェシという行事があります。
神がこの世が平和で平穏な状態を保っていられるように、苦行をすると言われている日。
たくさんのお供え物を家寺(サンガッ)などに供え祈りを捧げます。
Pagarwesi(パガルウェシ)とは、鉄柵の意味で、悪いものから神々が守ってくれるという意味だそうです。
この日はヒンドゥー教徒にとって、ガルンガン・クニンガン祭りに次いで大切な祭礼日です。


最近はお寺などの参拝するクバヤがファッショナブルになってきて、色もド派手で
スタイルも様々になっていました。田舎のテジャクラではそういった風潮をよしとせず
お寺の参拝には基本は白、または黄色のクバヤで袖は長袖で腕を見せない、そして
サロンも足首まで長めに巻く事、とお達しがあったそうです。
確かに、最近のクバヤは流行を追いすぎて、ちょっと・・・・と思っていましたので
ワタシとしては、嬉しい決定です。第一、クバヤをそんなに持っていないし、毎回の
奥様達の競争めいたクバヤのお披露目にはいささかうんざりしていましたので・・・。
ここぞとばかりにおしゃれをしていた奥様達、さぞかしがっかりしているでしょうね。
それとも、白地に派手なお花の刺繍を施しちゃったりするのかな?



情報提供 by スカスカ・バリ

ランキングアップのため、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年3月 9日
« 前の記事「カフェ ムーンライトバリがオープン!」へ
»次の記事「バリ人は納豆が嫌い?」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アタのカゴならバリハンディー
    ワルンカユアピのバビグリン
    ガヤ・ジェラート
    カニのクピティン・スクロ
    ガルンガン祭り当日
    ペンジョールの風景
    オリジナルのクバヤを作る
    クデワタンのナシアヤム
    焼き肉さかいで食べ放題
    バリ島タロ村のエレファントサファリパークに新しい赤ちゃん象が誕生しました
    シルバーショップの穴場店
    気まぐれな天気のキンタマーニ高原
    バリ島ニワトリ事情
    バリ島ヤモリ事情
    バリ島ネコ事情
    バリ島・犬事情1
    ワンコの餌やり
    美味なカジキマグロ
    ニュピ明けのサテカンビン
    ニュピ真っ最中〜
    あれから二年
    ラーメン&餃子
    サリマニス・アヤムバージョン
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2013-2月
    自宅で親子エステ
    バリ島でスパを受けるならフラワーバス
    カジキマグロのカルパッチョ
    エビ食べにサンバル・シュリンプへ
    無難にノマド
    ラーメン南のメニューが増えてる!
    ワルンミナのステーキ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集