海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 赤ちゃん誕生

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月23日

赤ちゃん誕生


赤ちゃん誕生

筆者の会社スタッフの赤ちゃんが生まれました!
まだ生まれてから一週間です。
こちらの赤ちゃんは生まれてすぐに爪を切る習慣がないので、顔を傷つけないように
ガーゼのミトンを手にはめています。そして足元はしっかり靴下。
140623-2.jpg


暑いバリ島なのに、赤ちゃんは冷やしてはいけないらしく、赤ちゃん用の洋服を
しっかりと着せて、さらにおくるみで包み込んでいます。
頭に乗っている綿みたいなものは、誕生の儀式で使ったお守りみたいなもの。
へその緒が取れた時も神様にお供えを捧げます。
140623-1.jpg


バリ人の妊婦さんはお金を節約するために、助産婦さんのみで出産する人が多いです。
今回はちゃんと病院で産んで、自然分娩だったそうですが、わずか2晩入院しただけで
自宅に戻ってきました。早い人では一日だけですぐに自宅に戻るそうです。
帝王切開をした妊婦さんもわずか3日くらいで退院を許可されます。
日本とはだいぶ事情が変わりますね。
結婚して子供ができて、ようやく村社会に一人前と認められるバリ島の風習。
子供を産む事は絶対で、周りも子供をとても大事にします。
子供を産む女性についても同様で、旦那さんも家族も出産までのプロセスを
ともに助け合いながら乗り切ります。
逆に子供が出来ない女性にとっては無遠慮です。平気で他人が「子供が出来ないのはなぜ?」
なんて質問をぶつけてくるお国柄。子供が出来ない女性は肩身が狭い思いをしてしまいます。
どちらの国も一長一短ありますが、子供を生みやすく、育てやすいのはどちら?と
聞かれたら、間違いなくバリ島の方が恵まれていると回答しますね。


情報提供 by スカスカ・バリ

ランキングアップのため、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年6月23日
« 前の記事「ミークリティン・ジャカルタ」へ
»次の記事「丸ごと一匹の焼き魚」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/七人の鳥侍
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Cafe Moonlight
    カシイブ総合病院 サバ分院にBALI DENTAL & IMPLANTS CENTREオープン!
    ついに空港周囲の渋滞解決?立体交差が開通しました
    魚のストックはI am "be" U
    空港でビアードパパを購入
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ブーゲンビリアの季節
    カボチャの見分け方
    強風、そしてカミナリ!
    ヴィラ・オリガミ
    ヴィラ内の手作り朝食
    ビーフン・ゴレン
    素敵なアクアのボトル
    スミニャックのヴィラ・ハーモニー
    アヤナに多目的ホールが登場
    こんなヴィラに泊まってみたい
    なぜ、また饅頭顔?
    ウブドのプタニレストラン
    pepitじゃなくてpopular?
    中華風ナシゴレン
    どのカボチャが美味しいかな?
    試してみたけど・・・
    ワルン・ミナのナシゴレン
    踵クリーム発見!
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2013-5月
    バリハイ・サンセットディナークルーズ
    洒落たワルン・モリンガ
    ワルン・ソフィアのお気に入りメニュー
    バリ島ならではのバスタイム
    カボチャのペーストを作ってみました
    お肌の手入れ
    やっぱり美味しいゴールドケーキ
    デウィ・シッタ通りのフィオレチッタ
    写真展「The Beauty」
    女の髪の毛は長いに限る?
    ニンニク風味のピーナッツ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集