海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 丸ごと一匹の焼き魚

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月24日

丸ごと一匹の焼き魚


丸ごと一匹の焼き魚

日本の皆様にとってはなんの感動もない、焼き魚の写真です。
140624-1.jpg


しかし、ワタシにとっては、妙に気分が盛り上がっています。
なにしろ、バリ人家庭では魚は簡単に揚げてしまう事が多く、しかも
この写真のように姿をとどめている事がなく、ぶつ切りか、あるいは揚げた魚も
姿をとどめず、すべてほぐしてサンバルで和えてしまいます。
大根おろしを横に添えたいところですが、家族から臭い!!と反対されるので
筆者だけ一人で食事をする時しか実現しません。


それにしてもお皿が丸いのがいただけないですね。
日本の焼き魚を盛りつけるような長方形の皿は、なかなかバリ島では
手に入れる事が出来ません。考えてみれば和食器ってあまり見かけませんね。
日本食スーパーのパパイヤでダイソウ商品をいくつか見るくらいでしょうか?
バリ島にある日本食レストランで使われている食器はおそらく日本で購入を
されたものだと思います。
おかずによって小皿を使い分け、器の美しさでも食を楽しむ日本の文化。
バリ島の一般家庭で、日本式にお皿をたくさん使って料理を各自盛りつけるという
習慣はあまりないようです。我が家でもプラスティックの一枚皿にご飯とおかずを
盛りつけて、なんちゃってナシチャンプルとなることが多いです。
子供が小さかったのと、親戚が居候していて、食器の扱いがとても雑なので
割られてしまわないように、プラスティック食器を使っています。
話が脱線しましたが、魚丸ごと一匹の写真から食文化に思いを巡らすことになりました。


情報提供 by スカスカ・バリ

ランキングアップのため、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年6月24日
« 前の記事「赤ちゃん誕生」へ
»次の記事「ローカルコスメ/ギジ・スーパークリーム」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    サヌールにオープンMimpi Manis
    日清の激辛ラーメン
    バリ島初!UNIQLOオープン!
    GWKカルチュラルパーク
    素敵な週末をリンバ内ユニーク ルーフトップバー&レストランで
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/TAKE Restaurant
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Warung Okinawa
    クタ&スミニャックおすすめどころ5選/Japanese BBQ Yakinikuya SAKAI Bali/焼肉屋さかい
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ブーゲンビリアの季節
    カボチャの見分け方
    強風、そしてカミナリ!
    ヴィラ・オリガミ
    ヴィラ内の手作り朝食
    ビーフン・ゴレン
    素敵なアクアのボトル
    スミニャックのヴィラ・ハーモニー
    アヤナに多目的ホールが登場
    こんなヴィラに泊まってみたい
    なぜ、また饅頭顔?
    ウブドのプタニレストラン
    pepitじゃなくてpopular?
    中華風ナシゴレン
    どのカボチャが美味しいかな?
    試してみたけど・・・
    ワルン・ミナのナシゴレン
    踵クリーム発見!
    DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2013-5月
    バリハイ・サンセットディナークルーズ
    洒落たワルン・モリンガ
    ワルン・ソフィアのお気に入りメニュー
    バリ島ならではのバスタイム
    カボチャのペーストを作ってみました
    お肌の手入れ
    やっぱり美味しいゴールドケーキ
    デウィ・シッタ通りのフィオレチッタ
    写真展「The Beauty」
    女の髪の毛は長いに限る?
    ニンニク風味のピーナッツ

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集