海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ島を離れる最後に食べたいものは?

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月19日

バリ島を離れる最後に食べたいものは?


バリ島を離れる最後に食べたいものは?

バリ島での旅行を終え、空港に向かい、搭乗ゲートに向かいます。
思い出を振り返りながら、バリ島を後にする最後に食べたいものはなんでしょうね?
新しくなったバリ島の空港、天井も高くモダンな雰囲気です。
140719-1.jpg


しかしながら一部、取って付けたよう全体のデザインにはそぐわない伝統的な要素が・・・。
出来上がりがあまりにモダンすぎて、バリ島のイメージとはかけ離れるので、文句があり
急遽、本当に伝統的な割れ門を付け加えたのだとか・・・。
140719-2.jpg


完全には完成しておらず、空きスペースには出店を控えた店が一部工事中だったりします。
そして最近お目見えした、出国ゲートに向かう手前のジューススタンド。
140719-3.jpg


チルドフルーツジュースとか、中身を選んで作るオープンサンドイッチなどが並んでいます。
こちらも空港のイメージにあわせて、おしゃれ〜でモダンな感じです。
140719-4.jpg


バリ島を離れる最後に、やっぱりローカル飯、辛いナシチャンプルとか
そんなものが食べたくはならないのでしょうか?デニッシュパンは自分の国に帰ってからでも
食べられると思うんですよね。
ともあれ、出国前になにか食べておきたい、ちょっと座ってジュースでも飲みたい。
あるいは見送りの人と、少しの時間、あるいはギリギリまで座っておしゃべりしていたい、
という時に利用ができる場所ができてよかったです。
140719-6.jpg


建物もそうですが、バリ島らしさってナニ?という視点が欠けているため、あるいは空港の
店舗出店料金があまりに高すぎるせいなのか、外国資本の店が入り、ローカルチックな
土産物店も食事店も皆無です。
見た目に現代的、でも売られているのはバリ島で普通に食べる事ができるローカルの食べ物、
あるいはスーパーなどで売られているようなお土産があってもよかったのに?と思います。
10年前に観光客だった時代のこと。
怪しげなミュージックショップでCDを最後に買ったはいいけど、聞けなかった・・なんてことを思い出しました。
それはそれで、バリ島らしい思い出でしたね。


情報提供 by スカスカ・バリ

ランキングアップのため、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ


毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!


facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2014年7月19日
« 前の記事「ジャガイモ・スナック発見」へ
»次の記事「カフェトピのサンデーマーケット」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
サヌールにオープンMimpi Manis
1年前の同じ月に投稿された記事
ウブドのフュージョン・カフェ
タマンサリ・スパ/シンプルコンビネーション
リニューアル後のアジアン・プロフェシー
釣れた魚の味それぞれ
ワルン・サマサマのチャンポン!
マヤサヤンのランチセット
ルノン地域のよし亭ラーメン
ムリアのランチビュッフェが値上げ!
キッズ・フェイシャル
肉ガッツリ!イートウェル
田んぼの中のボッタマリア
ブルーストーンのマロマグッズ
釣り道具屋
APEC会議(10月)開催期間の欠航・運航時刻の変更に関するお知らせ
アラムセンポールがDFSで買える!
焼き肉さかいの食べ放題!
女子会にピッタリなウォータークレス
なんか、美味しそう・・・
DFSギャラリア バリ 売れ筋ランキング 2013-6月
ど田舎でもFree-WIFI
クォッドという食べ物
ひと味違うソトアヤム
シガラジャへの道
ゴソゴソのスクラブ
雨期がいつまでも終わらない?
サヌールビーチの朝散歩
絶品のカラマリ
インドネシア風ミニ・ラーメン

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集